【アーリントンカップ2017】予想!枠順確定!ミホノブルボン大往生!

本日は、【アーリントンカップ2017】予想!枠順確定後を中心に書いていきたいと思います。

結局12頭立てにおさまった【アーリントンカップ2017】

ペルシアンナイトが一番人気っぽいですけど、ペルシアンナイトを嫌って

みんな別路線にしたのかな??なぞだ・・・??

多頭数苦手なハービンジャー産駒なので、頭数多いほうが勝ちきれなくなるのに

この頭数じゃあ、ペルシアンナイト向きになっちゃいますよね。。。

まずはこの記事から

92年の皐月賞、ダービーを制するなどG1・3勝を挙げ、22日に老衰のため28歳で死んだミホノブルボンの墓が、今春に建立されることが24日、分かった。

同馬を生産した原口牧場(当時)の原口圭二氏によれば、北海道沙流郡の同氏の自宅近くに建てられる予定。

原口氏は「もう少し暖かくなったら、自宅の近くにお墓を建てる予定です。あれほど人気のあった馬ですから。ぜひファンの方にも来てほしいですね」とコメントした。
同馬は92年の年度代表馬に選ばれるなど、8戦7勝で94年に引退。12年の種牡馬引退後は北海道日高町のスマイルファームで余生を送っていた。

引用元 http://p.nikkansports.com/goku-uma/news/article.zpl?topic_id=1&id=1783585&year=2017&month=2&day=24

まずはご冥福をお祈り申し上げます。

28歳まで生きて、こんなに愛されて、しかも墓を建立してもらえるなんて幸せ者だな!!

ミホノブルボンといえばやはり「坂路の申し子」という名称の印象がありますね。

逃げてダービーを勝った印象があるので逃げ馬かと思いきや、3歳まで、ずっとにげてなかったんすね!

調べてはじめてしった!(笑)

僕の中で、逃げ馬といえば、サイレンススズカ!という印象もそこから来てるかもですね!

ダービーは本当つよかったな~

ゲームの中では、サイレンススズカの逃げのほうが強いイメージだけど、どっちが実際強いのかな~~。

こういうの考えるだけで、ドキドキしちゃうのは僕だけでしょうか!?(笑)

では、今週、一発目の重賞「アーリントンカップ2017」予想に行きましょう!

 

アーリントンカップ2017予想!

 

枠順
1 カロス
牡3 56.0 池添 池添兼

父スクリーンヒーロー

母タイキジャスパー(タイキシャトル)

2 ディバインコード
牡3 56.0 柴田善 栗田博

父マツリダゴッホ
母ツーデイズノーチス(ヘクタープロテクター)

 

3 キョウヘイ
牡3 57.0 高倉 宮本

父リーチザクラウン
母ショウナンアネーロ(ダンスインザダーク)

 

4 レヴァンテライオン
牡3 57.0 岩田 矢作

父Pioneerof the Nile
母Ghostly Darkness(Ghostzapper)

 

5 ジョーストリクトリ
牡3 56.0 武豊 清水久

父ジョーカプチーノ
母ジョーアラマート(キングヘイロー)

 

6 リンクスゼロ
牡3 56.0 松若 森

父アドマイヤマックス

母チャメ(ホワイトマズル)

 
7 ナンヨーマーズ
牡3 56.0 ルメール 清水久

父ハーツクライ

母アクティビスト(フレンチデピュティ)

 

8 ペルシアンナイト
牡3 56.0 Mデムーロ 池江

父ハービンジャー

母オリエントチャーム(サンデーサイレンス)

 

9 ミラアイトーン
牡3 56.0 武幸 池江

父Lonhro

母タイタンクイーン(Tiznow)

 

10 スーパーモリオン
牡3 56.0 幸 浅見

父Archarcharch

母Joyous Appeal(Devil His Due)

 

11 ヴゼットジョリー
牝3 55.0 川田 中内田

父ローエングリン

母フレンチビキニ(サンデーサイレンス)

 

12 レッドアンシェル
牡3 56.0 浜中 庄野

父マンハッタンカフェ

母スタイルリスティック(Storm Cat)

 

 

本命!!

◎2番ディバインコード

前走負けてストレス薄れて。

少頭数合う。

 

〇1番カロス

ダートから芝。

離して逃げれば。

 

▲12番レッドアンシェル

▲8番ペルシアンナイト

△11番、3番

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でウマゲノム先生の競馬予想TWをフォローしよう!