【キーンランドカップ2017】【新潟2歳ステークス2017】予想!血統、ローテーションからみる有力馬考察!フロンティア、モンドキャンノどっちが信頼できる一番人気!?

本日は【キーンランドカップ2017】【新潟2歳ステークス2017】予想!と血統、ローテーションからみる有力馬考察!を中心に記事を書いていきたいと思います。

今週も2重賞ですが、枠順確定前に先入観無しで2重賞の有力馬をしっかり見ていきたいと思います。

地方重賞のスパーキングサマーカップ2017は本命はくるも相手予想が外れてしまい申し訳ないです。

でも、これにめげずにしっかり予想していくんでお楽しみに!!

※このブログは天才、今井雅宏氏が開発された

「Mの法則」をもとに僕自身が独自で勉強し

いろんな予想法を試しながら相性のいい馬券術を組み合わせ予想をしています。

では予想法の根本の「Mの法則」とはなにか??

知らない方もいると思うのでブログ内でふれておきたいと思います。

Mの法則とは!?こちらで詳しく書いてます♪

今井雅宏さん新刊発売!!「短縮×逆ショッカーの威力」とは!

 

まずは的場文男さん!

地方競馬最高齢重賞勝利おめでとうございます!!

自分の記録なのでなんか樹立がそこまで取りざたされないけど、60歳過ぎての更新だから

なんとすごいことか・・・。

馬の上にちょこんと乗るだけでもしんどそうなのに・・・。

いや~これからも元気にどんどん最高齢記録を伸ばしてほしいですね!!

中央で狙えるのは武騎手ぐらいかな!?!?

 

キーンランドカップ2017有力馬考察!

モンドキャンノ

父キンシャサノキセキ

母レイズアンドコール
(サクラバクシンオー)

→休み明け。

1200m実績もあるように1200~1400がベストか。

1600mの実績あるも少し長いので矯めて乗るか、ドスローを先行という自分では勝ちに行けない。

今回は血統的に休み明け得意で久々の1200m。

古馬とも初対決で鮮度も抜群。

あとは陣営がどのぐらいのレベルで仕上げてくるかということ。

理想体重は成長も見込んで486キロぐらいまでか。

 

ソルヴェイグ

父ダイワメジャー

母アスドゥクール
(ジャングルポケット)

→休み明け。

休み明け得意も、シルクロードステークスでは軽い馬場+逃げ残れる馬場ではなかったのでしょうがない。

叩いた2走目凡走で3走目のヴィクトリアマイルでパフォーマンス上げたように

タフなレース質は合う。

ダイワメジャー産駒は疲れがないときの短縮は抜群なのでローテーション的には良い。

調整がしっかりできるのと、平均ペースぐらいで流れれば。

枠はできたら内目がいい。

 

 

シュウジ

父キンシャサノキセキ

母カストリア
(Kingmambo)

 

ブランボヌール

父ディープインパクト

母ルシュクル
(サクラバクシンオー)

→叩いて2走目。

前走休み明けなのに、体重が減り良さが出なかった。

筋肉が復活し体重増えれば、前走の疲れもないので巻き返し可能。

過度には揉まれたくないので、ペース上がっての外差し競馬が理想。

昨年のように無理に追走せず、好位が理想。

 

イッテツ

父Invincible Spirit

母Temple Street
(Machiavellian)

→再度格上げ挑戦。

前走の競馬や、ダートで走っていたように力で押し切る形が合う。

2走前の差しに回って矯めるより前走の競馬が理想。

ただ、ここで1200mが3走目となり鮮度が落ちてきてる。

疲れも気になるので、枠は外目で平均ペースを先行か逃げられれば。

 

 

新潟2歳ステークス2017有力馬考察!

フロンティア

父ダイワメジャー

母グレースランド
(トニービン)

→同距離。

ダイワメジャーにトニービンという配合でまとまりはありそう。

前走逃げてるも、抑えて馬群入る形も合うと思いますがペース上がると戸惑う可能性もある。

1600mで上り勝負になれば分が悪いか。

 

ムスコローソ

父ヘニーヒューズ

母ルナレガーロ
(アドマイヤムーン)

→延長。前走圧勝。

ヘニーヒューズ産駒はダートでも走ってるように、パワーで押し切りたいので早め先頭の消耗戦が合う。

こちらも、圧勝で疲れやストレス少ないも上り勝負だと分が悪いか。

上り勝負になるなら後ろで矯めて一気に上がっていく形が理想。

 

テンクウ

父ヨハネスブルグ

母ピサノドヌーヴ
(アグネスタキオン)

→ネロやホウライアキコを出してるヨハネスブルグ産駒。

二頭で共通してるように、前に行って押し切りたい。

前走は、2番手につけて東京で上り33秒台出してるように

前に行っても上がりだせるタイプで、差し馬場にならなければ有利。

直線に入って、真ん中より外目に出していく形が理想か。

 

 

プレトリア

父ヨハネスブルグ

母ダイワエタニティー
(ジャングルポケット)

→延長。

こちらもヨハネスブルグ産駒。

延長で前に行けばショックかかるも新潟2歳ステークスは傾向的に

後ろに回る位置取りが理想なのであまり強調材料がない。

 

 

オーデットエール

父ハーツクライ

母スカイアライアンス
(Sky Classic)

→同距離。

前走はよーいどんの瞬発力勝負には持ち込まず、早めに先団にとりついて完勝。

あの形が理想なので、じっと馬群で力をためて直線伸びるところにだせれば。

枠は中枠ぐらいが理想。

 

キーンランドカップ、新潟2歳ステークスの分析馬はこちら!

コチラで公開中⇒ 

 

 

※急な雨や、当日じゃないとわからないバイアス(馬場の偏り)が発生した際などに

変更した情報がほしいかたは下記の登録お願いします!

また重賞だけしかブログではほとんど予想してませんが

ほかに面白いレースがあれば配信するかも!?

LINE@登録おねがいします♪

Line@ ⇒ 登録はこちら

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でウマゲノム先生の競馬予想TWをフォローしよう!