【プロキオンステークス2017】予想!過去10年分析!エイシンバッケン、カフジテイク、キングズガード、ベストマッチョ

本日は【プロキオンステークス2017】予想!と過去10年分析の記事を中心に書いていきたいと思います!

エイシンバッケンカフジテイクが2強で人気の中心になりそうですが、脚質が全く一緒ですね。

しかも、直線の長い東京で好走組。

ミニ東京といわれる中京ですが、それでも直線は東京ほど長くないのでそこに落とし穴がありそう!

分析をしっかりして、どういうレース質になりやすいのか見ていきたいと思います。

明日はステーキ~~♪

友人たちのなかで、だれかが誕生月になると誕生日お食事会を開くようになってるんです♪

今回は僕の番で、希望した店が

「いきなりステーキ」

めっちゃ好きなんですよね~~。

へんに高級なステーキ屋で食べるより、ここで遠慮なく食べる方が気持ちもいいので今回チョイスしました♪

またどっかの記事でアップしたいと思いますのでお楽しみに♪

見たらたべたくなりますよ~~~♪

 

※このブログは天才、今井雅宏氏が開発された

「Mの法則」をもとに僕自身が独自で勉強し

いろんな予想法を試しながら相性のいい馬券術を組み合わせ予想をしています。

では予想法の根本の「Mの法則」とはなにか??

知らない方もいると思うのでブログ内でふれておきたいと思います。

Mの法則とは!?こちらで詳しく書いてます♪

今井雅宏さん新刊発売!!「短縮×逆ショッカーの威力」とは!?

 

プロキオンステークス過去10年分析!

 

プロキオンステークス/枠データ

1枠 [ 1- 1- 5- 11/ 18 ]

2枠 [ 0- 1- 0- 18/ 19 ]

3枠 [ 4- 1- 0- 14/ 19 ]

4枠 [ 0- 1- 0- 19/ 20 ]

5枠 [ 0- 0- 3- 17/ 20 ]

6枠 [ 0- 1- 1- 18/ 20 ]

7枠 [ 3- 2- 1- 14/ 20 ]

8枠 [ 2- 3- 0- 15/ 20 ]

内、外にはっきりわかれてますね。中京に変わってからの2012年から見てみると

1枠 1-1-2

2枠 0-1-0

3枠 3-1-0

4枠 0-0-0

5枠 0-0-2

6枠 0-1-0

7枠 0-1-1

8枠 1-0-0

中京だけに絞ると、内枠有利。外から走った馬を見てみると

良馬場だけだと、すべて好位から差してる馬。

外目の枠からの先行馬は厳しいということがわかりますね。

ねらい目としては内目の先行馬、ペース上がれば内目の差し馬。

 

 

プロキオンステークス/脚質データ

逃げ [ 2- 1- 1- 6/ 10 ]

先行 [ 4- 3- 1- 29/ 37 ]

差し [ 2- 5- 5- 44/ 56 ]

追い [ 2- 1- 3- 46/ 52 ]

 

 

→逃げの対象は一頭だけなのに、ここまで好走してるのでかなりあつい。

単騎逃げができそうな馬がいたら狙い目か。

 

 

プロキオンステークス/前走データ

1600m 4 3 1 22 30 13.3% 23.3% 26.7%
1200m 3 2 1 29 35 8.6% 14.3% 17.1%
1400m 2 5 6 54 67 3.0% 10.4% 19.4%
1800m 1 0 0 9 10 10.0% 10.0% 10.0%
2300m 0 0 1 0 1 0.0% 0.0% 100.0%
2100m 0 0 1 3 4 0.0% 0.0% 25.0%
1000m 0 0 0 1 1 0.0% 0.0% 0.0%
2500m 0 0 0 1 1 0.0% 0.0% 0.0%
1700m 0 0 0 2 2 0.0% 0.0% 0.0%
1900m 0 0 0 2 2 0.0% 0.0% 0.0%
2000m 0 0 0 3 3 0.0% 0.0% 0.0%

→これというローテーションはなさそうですが、延長よりは短縮のほうが基本有利なので1600で負けて1400巧者が巻き返すパターンなどもあるので短縮組には要注意。

 

プロキオンステークス2017過去10年分析からみる注目馬!

コチラで公開中⇒ 

当馬の父の産駒は、生命力ストックがなくなるにつれ、長い距離を走れなくなる傾向。

1400などの非根幹距離は生命力をあまり必要としない距離なので、ここへの距離短縮は良い。

あとはできたら内枠を引いてほしい。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でウマゲノム先生の競馬予想TWをフォローしよう!