【ユニコーンステークス2017】予想!先週の異常オッズ!血統解説!C系種牡馬とは!?

本日は【ユニコーンステークス2017】予想!と共に異常オッズ解析や血統についての記事を中心に書いていきたいと思います。

今日はC系種牡馬について触れていきたいと思いますが、地方競馬を暇なとき出馬表みたりするんですが

結構C系種牡馬のツボに入れば地方でも走ってる姿を見るので地方競馬もやるという方は覚えておいて損はないと思いますよ♪

このあとの記事でしっかりC系のツボを書いていきますのでお楽しみに♪

※このブログは天才、今井雅宏氏が開発された

「Mの法則」をもとに僕自身が独自で勉強し

いろんな予想法を試しながら相性のいい馬券術を組み合わせ予想をしています。

では予想法の根本の「Mの法則」とはなにか??

知らない方もいると思うのでブログ内でふれておきたいと思います。

Mの法則とは!?こちらで詳しく書いてます♪

今井雅宏さん新刊発売!!「短縮×逆ショッカーの威力」とは!?

 

先週の異常オッズ

なんていってもこのレース。

1番アースライズ。

重賞でここまで上がるのは珍しい。

(重賞で上がらない理由は投票数が多いので一人がドカッとかけてもそんなにでにくい)

重賞なのに、あからさまな投票があった証拠。

ただ、ローテーション的にはL系の内枠なので激押しはしにくいんですが、少頭数でしかも鮮度があるのでそこまでマイナスではないのはたしか。

実際はぎりぎりの3着に粘ったわけですが、直線前が詰まり追い出しが遅れ、外に出そうとするも前が詰まり、苦手な馬群に突っ込み右往左往。

それでも、3着ですから、スムーズに早めに先団とりついて勝ち馬の外目なら勝ち負けはいったでしょう。

朝一の異常オッズは当日にならないとわからないので前日予想には取り入れることはできないんですが、ここまであからさまに重賞で出てることを見るとよっぽど調子がよかったんでしょうね~。

今後もMの法則異常オッズ解析で大きい馬券を狙っていきたいと思います♪

 

Mの法則C系種牡馬とは!?

C系とは

集中力を持つ馬に付く。

集中して他馬との相手関係の中で走ろうとする性質を持つ。

レース間隔を詰めたり、馬体重を絞ったり、内枠、ハイペース、強い相手との競馬など、摩擦の多い状況を得意とする。

Cの由来は集中力を表す“Concentration”の頭文字から。

人間でいうと「がり勉」

テストに向けていい点をとらないと。がんばるぞ!!と真面目な奴。クラスにも一人二人本当に真面目な奴っていますよね??ああいう感じです。

ただ、逆に大人になって「あいつグレたの!?」とか「あんなに勉強できたのに無職!?」

とかも聞いたことないですか?(笑)

それが競馬でいうと、3歳4歳はあんなに走ってた馬なのに・・・。とか言われる状態です。

C系はプツンと切れると戻るまでなかなか厳しいというかそのまま引退も多いです。

 

勉強=レースと思ってもらうとさらに説明しやすいんですが、レース(勉強)を使うことでどんどん調子を上げる(学力が上がる)混戦(難題)がくると頑張る。

そういったのがC系ですね♪

 

ー代表種牡馬ー

・フジキセキ

・ステイゴールド

・マイネルラヴ

・ロージズインメイ

・スタチューオブリバティ

C系は結構少なく珍しい。(クラスに一人か二人の希少種)

だからこそ、大舞台や混戦の穴馬などにしれっと入ってくることがあります。

そのなかでも、やっぱりステイゴールドでしょう。

亡くなったとはいえ後継種牡馬もいますし、現役で走ってる馬も多いのでピックアップしたいと思います。

参考にレッドリヴェールで説明したいと思います。

わかりやすいC系でした。

新馬戦を勝ち、2戦目はタフな札幌競馬場に加え不良馬場で格上げ挑戦。そして内枠。C系が好むパターンだらけで快勝。

そして、間隔もあいて体の疲れはとれ、バッチバチに仕上げてぎりぎりの状態で望んだ阪神JFは

いずれ凱旋門賞まで駒を進めるハープスターに接戦勝ち。

最後のゴール前は併せ馬になったおかげでグイッと一伸び。

こういう接戦になればなるほど強いのもC系の持ち味。

ただ、この馬はまじめすぎたのか、タフな不良馬場を快勝後、ぎりぎりの馬体で名馬のハープスターとの接戦勝ちまでして心身もぎりぎりだったんでしょう。

桜花賞は、最後併せ馬にならず、大外一気のハープスターに負けてなにかここでプツンときれてしまい、続くダービーではゲッソリと体重を減らし大敗。

それから1年後まで馬券圏内にすら絡めず、スランプ状態。

気分転換の北海道シリーズで1番人気に支持されるも2着。これが最後の馬券圏内のレースとなりました。

こういう馬の解消法は僕にもわかりませんが、気分転換の環境の変化は刺激になり、また上向く可能性はあるものの、必ずではないので難しいです。

話は戻って、C系というのは、調子がいい時はどんどん調子を上げ、強い相手にもひるまず立ち向かっていくので希少種ではありますが見つけたらぜひ狙っていってほしいと思います。

 

地方競馬でこの前園田競馬で走ってる

アサクサプライドというステイゴールド産駒の馬をたまたま見つけました。

3走前に短縮の混戦で1着になり、2走前ショックの疲れもあって負けて、前走はタイムを少し詰めて今回。

内枠の重馬場。C系の条件がそろい2着。

当然、ぱっと出馬表みたときは賭ける気もなかったので「ステイゴールドの内枠か~」とぼんやりみていたので上記の様な推察はしてなかったんですが

レースを見ると2着にきて「うわきた!?!?」としっかり見てみると、こういう内容だったんです。

地方競馬でも血統使えるな!とかんじた瞬間でした。

種牡馬ごとにまた解説を載せていくので、ツボを押さえて馬券に絡めてください♪

 

ユニコーンステークス2017予想!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でウマゲノム先生の競馬予想TWをフォローしよう!