【中山記念2017】予想!過去10年分析!リアルスティール、ヴィブロス参戦!

本日は【中山記念2017】予想!過去10年分析を中心に行いたいと思います。

G1馬4頭が登録の中山記念2017

リアルスティールヴィブロスロゴタイプヌーヴォレコルト

なかなかタイプの違う個性派ぞろいですね!

そして、G1こそ手が届かないものの

大物食いの、アンビシャスネオリアリズムも登場!

頭数は少ないが予想のしがいのあるメンツ!

しっかり分析をして、最近の不調を払拭したい!!

まずは先週の回顧から

ダイヤモンドステークス2017

1着▲ 12番アルバート

2着・・ 4番ラブラドライト

3着〇 8番カフジプリンス

本命は5着のプレストウィック。

なんでここにきて、生涯最高馬体重ででくるの・・・。

パドックもゆるゆる。

シルクレーシングということは、変な仕上げはしないので、ここは勝負じゃなく次走が狙いだったのかな!?

ダイワメジャー産駒的には、休み明け一発目から狙えるのになぜ・・・。

 

 

京都牝馬ステークス2017

1着△ 10番レッツゴードンキ

2着・・15番ワンスインナムーン

3着△ 6番スナッチマインド

悔しい・・・・。

ちょっと武さん位置取り後ろすぎやしやせんか・・・。(ワンピース藤虎風)

いやいや、藤虎さんに謝られても・・・。(ワンピース735話ドレスローザ編、藤虎土下座)

って話がそれましたが。

ペースが速くなると読んで、後ろに下げたのか、いき足がつかなかったのか。

そこは騎手に聞いてみないとわからないですが、最後方はないでしょ。

最後は首差の4着まできてたのに。

悔しいです!!!

気を取り直して、しっかり分析して少点数での大的中を目指します!!

 

中山記念2017過去10年分析

 

出走登録馬
アンビシャス
牡5 57.0  音無

カオスモス
牡7 56.0 森

クリールカイザー
牡8 56.0  相沢

サクラアンプルール
牡6 56.0  金成

ツクバアズマオー
牡6 56.0  尾形充

ヌーヴォレコルト
牝6 54.0  斎藤誠

ネオリアリズム
牡6 57.0  堀

ヒラボクディープ
牡7 56.0  国枝

マイネルミラノ
牡7 56.0  相沢

リアルスティール
牡5 58.0  矢作

 

ロゴタイプ
牡7 58.0 田中剛

ヴィブロス
牝4 54.0  友道

 

中山記念といえば、ドロドロの不良馬場で行われた2010年中山記念。

不良馬場が鬼の産駒

オペラハウス産駒二頭で決まったレースを思い出しますわ~~~。

トーセンクラウン、テイエムアンコール。

血統の怖さを知ったレースです♪

ただ、このレース馬連とワイドはガッツリ取れたのですが、4着との組み合わせの3連単はもってたのに、ハナ差で、、、

馬連だけでも感謝しないといけないのに、70万越えの3連単がまじかに迫ってたと思うと

そんなの忘れちゃいますよね・・・。(笑)

あっ話またまたそれちゃった。

ではいきます。

中山の小回りは枠も重要そうなので枠も見ていきましょう。

 

枠データ

 
1枠(1-1-0-11)
2枠(2-0-2-11)
3枠(2-2-2-9)
4枠(2-0-1-12)
5枠(0-3-2-11)
6枠(0-2-2-15)
7枠(2-0-0-18)
8枠(1-2-1-16)

あれ??偏りがないな~。

 

開幕週なので、内がもっと有利傾向出てるのかな~と思いましたが。

外枠がイマイチぐらい。

 

前走データ

 

 
有馬記念(2-1-0-5)
東京新聞杯(1-1-0-12)
マイルCS(1-0-0-4)
天皇賞秋(1-2-0-2)
中山金杯(1-0-1-12)
京都金杯(0-2-1-2)
アメリカJCC(0-1-1-11)
阪神C(0-0-2-1)

これも特に傾向がないですね~。

休み明けの馬も多いだけに、前走データはあまりあてにならず。

 

ちなみに前走G1だった馬で4番人気以内で人気を裏切ってストレス(※1)薄れた馬に限ると3着内率8割強。

軸としては信頼できる。

M3タイプ(※2)別でいくと

過去10年の勝ち馬は

S系6頭

C系2頭

L系2頭

L系に関しては不良馬場の年と逃げて勝ったもので環境の助けがあった。

であるなら、中山競馬場(重い馬場)らしく、しぶとさが活きるC、S系が有利。

過去10年分析結果!

☆(S系)アンビシャス

父ディープインパクト

母カーニバルソング(エルコンドルパサー)

結構リピーターが来るレースでもあり、押したい一頭。

データ通り、前走4番人気、4着。人気は裏切ってないものの、激走でもない。

血統的にも、母父にエルコンドルパサーが入り、最近多いパワーよりのディープインパクト産駒。

枠は大外でなければ、内でも馬群割れるので、どこでも。

 

Mの法則用語補足

 

(※1)ストレス

接戦後や、自分と同路線の馬が多くいるレースに出走するときに溜まりやすい。

人間同様、競走馬もストレスが溜まれば体調もよくなく、走れなくなる。

どころか、サラブレッドは慢性的に胃潰瘍とまでいわれるほど、ストレスを感じやすい。

 

(※2)M3タイプ

競走馬の心身構造をS(闘争心)・C(集中力)・L(淡泊さ)の3つに分類したもの。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でウマゲノム先生の競馬予想TWをフォローしよう!