【京王杯スプリングカップ2017】予想!過去10年分析!インサイダー投票分析!レッドファルクス、サトノアラジン、ロサギガンティア

本日は【京王杯スプリングカップ2017】予想と過去10年分析!を中心に記事を書いていきたいと思います。

京王杯スプリングカップG2とあって、面白いメンバーがそろいましたね。

スプリント路線での中心馬レッドファルクス

G1マイル戦線でいつも激闘を繰り広げるサトノアラジン

上がり馬でいよいよ本格化のグランシルクなどなど。

オッズも割れそうで、予想のしがいがあります。

今日も分析で馬券に絡む馬を導き出していきたいと思います♪

今日の俺飯!自分で作った編

たこやきを作りました。

ちなみに、たこはスーパーの鮮魚コーナーで買ってきましたよ♪

ベジータほど、手さばきはよくありませんが

関西人ということもあって、見た目は売り物にも負けてないぐらいきれいにできました。

やっすいタコ焼き器でも、こんなにウマくできるんだ~と感心しながら食べつくしました♪

次は、ワッフルとかもんじゃ焼きを家で挑戦してみたいなと思う今日この頃です。。。

 

久々にこのコーナー

異常オッズ(インサイダー投票)分析!

13番ペリソナリテ

馬連朝1オッズでは7番人気にもかかわらず、単勝と複勝が急上昇。

これはあついと思い、チェック。

ローテーションや血統を見てみると

ステイゴールド産駒はC系なので内のほうがいいし体重も減り続けてるので増えてこればと評価はいまいちでしたが

体重がしっかり増え、外枠のフリを挽回すべく、早めに先団にとりつき自ら消耗戦へ。

最後はばてて、3着でしたが最近の不調が嘘のように苦手な競馬でも3着に粘るところをみると

よっぽど調子が良かったんだな~とインサイダー情報の恐ろしさを体感しました。

複勝の売れ行きを見ると陣営関係者は、複勝かなり買ったんだろうな~(笑)

今週もおもしろいインサイダー投票馬がいればピックアップしていきたいとおもいますのでお楽しみに♪

 

京王杯スプリングカップ過去10年分析!

・京王杯SC/枠データ

1枠(0-1-1-16)
2枠(0-1-2-17)
3枠(1-2-1-16)
4枠(1-0-3-16)
5枠(2-1-0-17)
6枠(3-2-1-14)
7枠(3-2-2-17)
8枠(0-1-0-26)

→1400の全体では内枠有利らしいですが、京王杯スプリングカップに関しては外よりの5,6,7枠あたりが有利か。

内に密集して、仕掛けどころが遅れるよりも、外々を回って、スムーズに加速できる方が有利傾向。

差し馬ならなおさら、外枠のほうがいい。

 

 

・京王杯SC/脚質データ

逃げ(0-1-2-7)
先行(2-1-2-34)
差し(7-5-4-59)
追込(1-3-2-39)

→脚質よりも早い上がりが出せるかどうかが重要。

雨の2013年を除いて、3着以内の上りが32秒後半~33秒前半。

切れ味勝負になりやすいということ。

逃げであれ、追い込みであれ、よーいドンを得意とする馬が要注意。

 

 

・京王杯SC/前走レース・距離データ

重賞(8-7-7-88)
高松宮記念(3-1-4-24)
東京新聞杯(1-3-0-1)
ダービー卿CT(2-0-1-22)
マイラーズC(1-2-1-17)
阪神牝馬S(1-1-0-7)

OP特別(0-2-2-39)
谷川岳S(0-1-1-10)
春雷S(0-0-0-10)

1600万下(2-1-1-10)

1600m 5 5 3 61 74 6.8% 13.5% 17.6%
1200m 3 2 5 55 65 4.6% 7.7% 15.4%
1400m 1 3 2 18 24 4.2% 16.7% 25.0%
1800m 1 0 0 4 5 20.0% 20.0% 20.0%
2000m 0 0 0 1 1 0.0% 0.0% 0.0%

→1600からの短縮組がおもしろいが、重賞で言うと間隔の短い

「ダービー卿CT」「マイラーズカップ」よりも

「東京新聞杯」組が良い。間隔もあくので、疲れが残りにくい。

同距離であれば、前走上がりが遅い競馬で切れ味が活かせなかった馬などの巻き返しに要注意。

 

京王杯スプリングカップ2017過去10年分析からみる注目馬!

コチラで公開中⇒ 

短縮で今回差しに回れば位置取りショック。

前走大敗でストレス、疲れもない。

短縮合う血統で上がりも東京で32秒2で走ったことある。

格上げ挑戦でもあり、鮮度もある。

よーいドンになれば、このメンバーなら最速だせる馬。

中枠あたりから、直線のみの勝負で一発をみたい。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でウマゲノム先生の競馬予想TWをフォローしよう!