【京都新聞杯2017】予想!過去10年分析!サトノリュウガ、ガンサリュート、サトノクロニクル

本日は【京都新聞杯2017】予想!と過去10年分析の記事を中心に書いていきたいと思います。

5日は地方G1かしわ記念もあります♪そちらも予想したいと思います!

さて京都新聞杯は近年まであまりダービーに直結してるイメージがなかったのですが

2013年のキズナ、2015年のサトノラーゼンなど、近年ではダービーを賑わす馬の輩出をしている。

このなかから、今年も、日本ダービー2017を賑わす馬がでてくるのか!?

楽しみな一戦です。

※このブログは天才、今井雅宏氏が開発された

「Mの法則」をもとに僕自身が独自で勉強し

いろんな予想法を試しながら相性のいい馬券術を組み合わせ予想をしています。

では予想法の根本の「Mの法則」とはなにか??

知らない方もいると思うのでブログ内でふれておきたいと思います。

Mの法則とは!?こちらで詳しく書いてます♪

 

明日の5月5日は地方G1【かしわ記念2017】

があるということで思い出したのが、写真の丸亀製麺においてる

「かしわ天」

これがまた、うまいんです!

結構天ぷら屋さんとかにおいてるものとそん色ないんすよね!

この前はうどん屋なのに、うどんは友人に頼ませて、僕はかしわ天3つといなり寿司をたべたぐらい。

ぜひぜひたべてみてください!

話はそれましたが、最後にかしわ記念2017の予想もしてるのでそちらも参考にどうぞ♪

 

 

 

京都新聞杯過去10年分析!

・京都新聞杯/枠データ

1枠(0-1-1-14)
2枠(5-0-1-12)
3枠(2-3-2-12)
4枠(1-2-0-17)
5枠(0-0-1-19)
6枠(2-2-4-12)
7枠(0-2-0-19)
8枠(0-0-1-21)

→京都ということもあり、内が有利ですね。

ただ、脚質などもみてもらえるとわかりますが、先行逃げが決まってるわけではないんです。

内の枠から、ロスなく回り、直線きれいな外に出し、坂を使ってスムーズに加速できるタイプが合うんです。

なので、傾向としては枠はそこまで重要ではないかもしれませんね。

 

 

・京都新聞杯/脚質データ

逃げ(0-0-2-8)
先行(3-5-0-28)
差し(6-4-6-45)
追込(1-1-2-45)

→先ほども述べましたが、差し有利。ここ5年で絞ると2頭のみしか先行馬は残ってない。

当然、開催によってバイアスができるのでそこは注意だが、上りは34秒台前半出したことあるほうがいい。

逆に、冬の京都とは違って、超高速馬場ではないので、新潟なので、めちゃくちゃ早い上がり出してるというのはあてにならない。

阪神競馬場や中山競馬場などで、34秒台をだしてれば安心。

 

 

・京都新聞杯/前走レース、距離データ

毎日杯(3-0-1-7)
皐月賞(2-1-1-7)
弥生賞(0-0-1-3)
きさらぎ賞(0-0-1-1)

OP特別(0-2-0-6)
500万下(5-6-4-57)
新馬・未勝利(0-0-2-36)

2000m 3 7 4 34 48 6.3% 20.8% 29.2%
1800m 3 1 4 53 61 4.9% 6.6% 13.1%
2400m 2 2 0 19 23 8.7% 17.4% 17.4%
2200m 1 0 1 9 11 9.1% 9.1% 18.2%
2300m 1 0 0 1 2 50.0% 50.0% 50.0%
1600m 0 0 1 4 5 0.0% 0.0% 20.0%
1500m 0 0 0 1 1 0.0% 0.0% 0.0%
1700m 0 0 0 1 1 0.0% 0.0% 0.0%
1900m 0 0 0 2 2 0.0% 0.0% 0.0%
2600m 0 0 0 2 2 0.0% 0.0% 0.0%

→毎日杯、皐月賞で5勝。500万下からの馬で5勝。

500万から勝った馬を見てみましょう。

5頭中4頭が、S系の馬。格上げが得意。

該当しない、2008年はややおもで雨でばらけたレース。

良馬場でいくと、4頭中4頭がS系で先行馬が内3頭。

500万下から狙う際は、タイプ的にはS系。そして4角5番手以内で前走揉まれた経験(多頭数や内枠など)があればいい。

距離も2000メートルからが成績がよく、タフなレースを経験してくるのは良い。

 

過去10年分析からみる注目馬!

注目馬

前走負けてストレス薄れてる。

間隔もあいて、バウンド短縮。京都経験もあるし、多頭数経験もある。

あとは調整ができてるかだけ。

ローテーション、血統的には抜群に合う。

人気はしそうだが、2倍を切るような人気なら、妥当だが、2倍台なら、単複がっつりのレースカモ♪

 

かしわ記念2017予想!

◎コパノリッキー

内枠で揉まれるとイマイチだが、スタートのうまい騎手で、スタート決めて、逃げか2番手とれれば。

ストレスもないし、このメンツなら復活も。

 

〇ベストウォーリア

前走2着でストレスあるも、ペースが速くなりそうなのと、外枠なのがいい。

騎手も南関出身で仕掛けどころがわかってるはず。本命を倒すならこの馬だろう。

 

▲インカンテーション

短縮。

前走で復活の兆し。あまり揉まれたくないので、差しに回る位置取りショックなら。

△8番、9番、3番

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でウマゲノム先生の競馬予想TWをフォローしよう!