【函館記念2017】予想!サトノアレス、ステイインシアトル、アングライフェン、マイネルミラノ、サクラアンプルール

本日は【函館記念2017】予想!とジャパンダートダービー2017回顧をしていきたいと思います。

いや~悔しかったな。でも地方馬が勝ったことはうれしい♪

ジャパンダートダービー2017もう少しで取れそうでした。。

馬場読み、展開もそこそこ読めていたのであとはそれにマッチする馬選びのみだったのに。。。

優勝はヒガシウィルウィン地方馬!

サウスヴィグラスに母父ブライアンズタイムという配合。

中央でもおもしろい走りをしてくれそう♪

※このブログは天才、今井雅宏氏が開発された

「Mの法則」をもとに僕自身が独自で勉強し

いろんな予想法を試しながら相性のいい馬券術を組み合わせ予想をしています。

では予想法の根本の「Mの法則」とはなにか??

知らない方もいると思うのでブログ内でふれておきたいと思います。

Mの法則とは!?こちらで詳しく書いてます♪

今井雅宏さん新刊発売!!「短縮×逆ショッカーの威力」とは!?

 

ジャパンダートダービー2017回顧

1着 ▲ヒガシウィルウィン

2着 △サンライズソア

3着 △タガノディグオ

馬券ははずれ。。。

リゾネーターが3着に入れば、3連複は的中だったのに。

いや~しかし地方馬ヒガシウィルウィン強い競馬でしたね!

正攻法で中央馬たちをねじ伏せましたからね~~!

2歳時は、リエノテソーロやエピカリスという強敵に阻まれてあまり名前が知られてなかったですが

3歳になってからぐ~んと力つけましたね。

正直完璧に乗ったのはサンライズソアだったので、あの馬にも勝つんだから中央馬相手でも通用することが証明されましたよ。

あとは、中央の砂が合うかどうかですが・・・。

2着のサンライズソアは先ほども書きましたが、じっと内で我慢して内が伸びることもわかっていた鞍上なので

内が空いた瞬間しかけて伸びてきましたね。

あれしか、2着に来るのは無理という乗り方でしたね。

シンボリクリスエス産駒ということで、前走のHペースの疲労を懸念したんですが

G1への鮮度とメンツがが変わる鮮度が勝り力を発揮しちゃいましたね。

「鮮度」というのはMの法則でも重要なのでその辺を軽視したのがよくなかったです。

3着のタガノディグオ

は弱い相手に頑張るタイプの馬なので、穴馬の激走がなければ人気なりに走る馬。

あと、大外だしたのも揉まれずよかった。

僕の本命、ローズプリンスダムはロージズインメイ産駒でしぶといはずなので、内でじっと我慢して

消耗戦に持ち込んでほしかったのに、2番手の外外を回る競馬とは何事だ・・・。

あれじゃ~S系の荒ぶる精神をコントロールできないし、直線向いたときにはやる気なくしてますよ。

乗り方は、正直予想できないので、あとで「たられば」をいうてもしゃあないんですが

あの乗り方は、力のある人気馬がやる乗り方だったのが腹が立ちました(笑)

穴馬で2枠ということで捲る競馬か、内々を回るだろうと予想していたのに。

まぁでも、地方競馬もしっかり馬場と展開を読めるレースは勝負できそうなので

もし、今後地方競馬等でおもしろいレースあればアップしていきたいと思います♪

 

ちなみに地方は急に時間あいたときとかにやるので不定期なんです。申し訳ありません。

ただ!!

予想したレースみたい!!というかたは

LINE@登録おねがいします♪

Line@ ⇒ 登録はこちら

こちらで急に送るかもしれません♪

 

函館記念2017予想!

現時点での注目馬です。

疲れは気になるも

ステイゴールド産駒で前走の少頭数より多頭数のほうが向くタイプで格上げにもいい。

内枠を手に入れて、内からするする抜けてこれば!

あとは当日例年通り内が伸びる馬場であれば。

人気のサトノアレスは休み明けが向くタイプの馬でその馬が中2週で挑戦。

疲れも出そうなので、荒れそうな匂いプンプン♪

 コチラで公開中⇒ 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でウマゲノム先生の競馬予想TWをフォローしよう!