【小倉記念2017】【レパードステークス2017】予想!有力馬考察!バンドワゴンorストロングタイタン!?エピカリス一強!?

本日は【小倉記念2017】【レパードステークス2017】予想!と各レースの人気を背負うだろう有力馬の考察を中心に記事を書いていきたいと思います。

本日は、事前予想に役立てようと、小倉記念2017とレパードステークス2017の有力馬を事前に書こうと思います。

枠が出てからの作業が簡単になりますのでご参考に!!

小倉記念2017はストロングタイタンが1番人気予想。

レパードステークス2017はエピカリスが1番人気予想。

※このブログは天才、今井雅宏氏が開発された

「Mの法則」をもとに僕自身が独自で勉強し

いろんな予想法を試しながら相性のいい馬券術を組み合わせ予想をしています。

では予想法の根本の「Mの法則」とはなにか??

知らない方もいると思うのでブログ内でふれておきたいと思います。

Mの法則とは!?こちらで詳しく書いてます♪

今井雅宏さん新刊発売!!「短縮×逆ショッカーの威力」とは!

 

小倉記念2017有力馬考察!

ストロングタイタン L系

父Regal Ransom

母タイタンクイーン
(Tiznow)

→今回で重賞3戦目で強い相手に頑張るタイプではない。

だが、自分のパフォーマンスは平均的に出すので、今回外目の枠から差し競馬になれば本来の人気の走りをするか??

ただ、前走休み明けを馬体重をかなり減らし好走したので疲れはかなりあるはず。

その辺と人気をみても、軸にするのは危なっかしい気はしますね。

 

 

バンドワゴン S系

父ホワイトマズル

母ピラミマ
(Unbridled’s Song)

→S系らしいというか、ホワイトマズル産駒らしい馬。

基本早め先頭の消耗戦か逃げて消耗戦に持ち込むかがベスト。

体力はかなりあるタイプなので自分でレースを作ったほうがいいタイプ。

強い馬=横綱相撲というイメージはありますが、この馬は横綱相撲すると切れ負けするので自分でレースを作ったほうがいい。

今回逃げれば、位置取りショック。

 

 

サンマルティン L系

父ハービンジャー

母ディアデラノビア
(サンデーサイレンス)

→基本L系なので、格上げ挑戦やもまれる競馬は得意ではないが

間隔あいて疲れとれるか、休み明けなどは気分よく走る。

若くてストレスないときは内枠もそんなに苦にしない。

夏はハービンジャー産駒は得意でローテーション的には良い。

注意は先行馬なので、無理して先行すると流れに戸惑う可能性はある。

鞍上もずっと戸崎で期待が見えますね。

 

 

タツゴウゲキ L(C)系

父マーベラスサンデー

母ニシノプルメリア
(シングスピール)

→前走ふりを受けて、後方に下げるも、最後0,4秒まで押し上げた。

これを不利がなければ、次走はあつい。ととられがちですが

L系なので最後追い上げた疲れ+鮮度があったので上位まで食い込めた。とたれたほうがよさそう。

まだ2戦目なので、鮮度はそこまで落ちませんが、前走よりはない。

なので、鞍上強化で人気が過剰になるようだと切りたいところ。

C系だと、激熱なんですがね・・・。

 

 

ベルーフ L系

父ハービンジャー

母レクレドール
(サンデーサイレンス)

→予想オッズで5番人気はびっくり。

小倉巧者!?と鞍上強化で人気を引っ張る!?

たしかに、近走疲れやストレスを抱えるような走りはしてないのでフレッシュ。

脚質が後ろからに最近なってるのでペース上がっての展開待ちか。

小倉は合うと思うので展開と差し馬場になれば。

 

 

レパードステークス2017有力馬考察!

エピカリス S系

父ゴールドアリュール

母スターペスミツコ
(カーネギー)

→海外帰り。

気分よく行けば強いですね。

ただ、海外帰りで疲れや、調整次第。

当然、体調悪いと行きっぷりが悪く、馬群に揉まれて終了。もありえるので。

死角があるとしたら、傲慢な乗り方をして

逃げ馬に逃げられるとか瞬発力勝負差される形か。

 

 

タガノディグオ L系

父エンパイアメーカー

母タガノティアーズ
(タニノギムレット)

→基本揉まれたくないL系でいつも外々を回って気分を害さない乗り方で好走。

今回も力上位なので、外枠に入り、ある程度で仕掛けると上位には来ると思います。

ただ、内枠に入ると一気にダメな部分が出ると思うので要注意。

ばらけた展開や外々しか経験ないので、内での馬群待機は危ない。

 

 

ハルクンノテソーロ S系

父ファスリエフ

母トウカイベルタ
(ワイルドラッシュ)

→渋といタイプで堅実な差し脚。

東京で好走歴があるように、差しが決まる展開や馬場になればその通り自分の力は発揮する。

今回も差し競馬になれば上位に食い込める。

ただ、新潟はカーブがきつくどうしても、カーブでスピードに乗りにくく前有利。

平均ペースぐらいだと、差し届かずになりそう。

 

 

テンザワールド S系

父ダイワメジャー

母クォリティシーズン
(トワイニング)

→格上げ挑戦で抽選突破。

強い相手には頑張るタイプなので、おもしろい一頭。

短縮でもあるので、無理に流れに入らず差しに回るかスローなら4,5番手ぐらいにつけれれば。

枠は内が合う。稍重ぐらいになるとベスト。

 

 

イブキ L(S)系

父ルーラーシップ

母ピサノドヌーヴ
(アグネスタキオン)

→芝からダート。

過度にもまれるとよくないタイプなので、あまり馬群には入りたくない。

枠は外目のほうがいい。

人気するようだとヒモまでか。大化けもあるが5番人気ぐらいだと・・・。

馬場は軽くなるほうがいいので稍重ぐらいがベスト。

 

レパードステークス2017、小倉記念2017の注目馬はこちら↓↓↓

 コチラで公開中⇒ 

今回の夏の重賞も、1番人気が鉄板!とまではいかなさそうなのでおもしろい♪

直前予想をお楽しみに!

 

急な雨や、当日じゃないとわからないバイアス(馬場の偏り)が発生した際などに

すぐ送れるので、情報がほしいかたは下記の登録お願いします!

重賞だけしかブログではほとんど予想してませんが

ほかに面白いレースがあれば配信するかも!?

LINE@登録おねがいします♪

Line@ ⇒ 登録はこちら

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でウマゲノム先生の競馬予想TWをフォローしよう!