【新潟2歳ステークス2017】予想!過去10年分析と血統、ローテーションからみる注目馬!フロンティア、ムスコローソ、プレトリア、オーデットエール

本日は【新潟2歳ステークス2017】予想!と過去10年分析血統、ローテーションからみる注目馬!を中心に記事を書いていきたいと思います。

出走数が少ない馬ばかりで難解ですが

1番人気は2倍台でフロンティアが予測では人気。

2番人気はヘニーヒューズ産駒のムスコローソが5倍前後予測。

3番人気はヨハネスブルク産駒のプレトリアが7倍前後で続く感じ。

血統的にはいずれダートにいきそうな仕上がり早い産駒ばかりですね。

※このブログは天才、今井雅宏氏が開発された

「Mの法則」をもとに僕自身が独自で勉強し

いろんな予想法を試しながら相性のいい馬券術を組み合わせ予想をしています。

では予想法の根本の「Mの法則」とはなにか??

知らない方もいると思うのでブログ内でふれておきたいと思います。

Mの法則とは!?こちらで詳しく書いてます♪

今井雅宏さん新刊発売!!「短縮×逆ショッカーの威力」とは!

新潟2歳ステークス過去10年分析と血統、ローテーションからみる注目馬!

・新潟2歳ステークス2017/枠データ

1枠(1-2-2-13)
2枠(1-1-1-17)
3枠(1-1-1-17)
4枠(0-2-3-15)
5枠(3-0-0-16)
6枠(1-1-1-17)
7枠(0-3-1-24)
8枠(3-0-1-24)

→まんべんなく、走っていますが、新潟の直線が長く外が伸びやすいということで

外目の枠が有利っぽいですね。

たぶん、直線魔では長いし、直線入ってからでも外目に出せるので内枠でも致命傷にはならない印象。

あとは、軽い競馬になりやすいので上りが出せるほうがいい。

 

 

・新潟2歳ステークス2017/脚質データ
逃げ(0-0-0-10)
先行(1-1-2-33)
差し(4-4-6-61)
追込(5-5-2-39)

→逃げがやはり残れない。

先行も厳しいので差しに回るか差しから追い込みに回るショックが有効か。

 

 

・新潟2歳ステークス2017/前走レース、距離データ

新馬(6-5-7-78)
未勝利(2-3-1-31)
ダリア賞(1-2-0-25)
函館2歳S(0-0-1-0)

1400m 6 2 2 61 71 8.5% 11.3% 14.1%
1600m 4 3 3 26 36 11.1% 19.4% 27.8%
1800m 0 3 2 27 32 0.0% 9.4% 15.6%
1200m 0 2 3 25 30 0.0% 6.7% 16.7%
1150m 0 0 0 1 1 0.0% 0.0% 0.0%
1000m 0 0 0 3 3 0.0% 0.0% 0.0%

→新馬戦からのローテーションで勝ってる馬は共通して新馬戦より後ろの位置で競馬をしているということ。

新馬戦からだと、勢い、鮮度疲れなどがほとんどクリアで有利ですが

新馬戦は少頭数の事が多く、新馬→重賞だと戸惑うことが多いので

先行集団に入るより後ろからゆったり進んだほうが揉まれなくて戸惑わない。

ただ、これは、新聞などで後ろから行くとか書いてない限り読みにくい。

判断材料としては前走の前半のペース。

今回の先行しそうな馬の前走の前半のペースをみてある程度よめれば

それよりも、遅い馬は前に行く宣言でもしてない限り

自然に後ろにいくことになるので見分けられる。

ただこれも、騎手の判断で前に行けたりはするのであくまで参考に。

距離は3着内率でいうと同距離組か。

 

 

新潟2歳ステークス2017血統、ローテーションからみる注目馬!

注目馬は、短縮から差しに回りそうなこの馬に注目!

 コチラで公開中⇒ 

前走は前半37秒4のスローペース。

ほかの馬をみても、36秒台ばかりでそこまで早くはならないも

短縮だということもあり自然に追走すれば差しに回るはず。

まだ上がり34秒台ですら走れてないのは不安材料も

揉まれずスムーズならそこそこやれる血統で人気が落ちればおもしろい一頭。

 

※急な雨や、当日じゃないとわからないバイアス(馬場の偏り)が発生した際などに

変更した情報がほしいかたは下記の登録お願いします!

また重賞だけしかブログではほとんど予想してませんが

ほかに面白いレースがあれば配信するかも!?

LINE@登録おねがいします♪

Line@ ⇒ 登録はこちら

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でウマゲノム先生の競馬予想TWをフォローしよう!