【日経賞2017】予想!過去10年分析!有力馬考察!ゴールドアクター、ディーマジェスティ激突!

本日は【日経賞2017】予想!過去10年分析と有力馬考察を中心に記事を書いていきたいと思います。

古馬現役トップクラスのゴールドアクターが始動する。

そこに、3歳クラシック戦線を賑わした、レインボーラインディーマジェスティが加わり

クラシックには間に合わなかったものの、初の重賞で2着のシャケトラも参戦。

過去10年を見ても、大荒れは少ないが、メンツをみるに、面白いレースになるのは

間違いない!

日経賞といえば猫ちゃんを追っかけまわして、最後まで捕まえれなかったあのレースが思い浮かびますね。

その馬はネコパンチ!

ま~~~~~ったく、無印だったので馬券的には完敗でしたが、見ていて気持ちよかったですよね!

サイレンススズカとか、ツインターボとかみたいに、逃げて持ち味を発揮する馬というのは

かなり諸刃の剣ですが、インパクトはすごいですよね~。

中山2500はスタートして、すぐカーブですし、直線も短く、前有利のコースなので

今年も、おもしろい逃げ馬がでてきたらいいな~!

 

では日経賞の分析へ!

日経賞過去10年分析

 

枠データ

1枠 [ 2- 2- 0- 6/ 10 ]

2枠 [ 0- 0- 2- 10/ 12 ]

3枠 [ 0- 1- 0- 15/ 16 ]

4枠 [ 1- 1- 3- 12/ 17 ]

5枠 [ 2- 4- 0- 12/ 18 ]

6枠 [ 3- 1- 0- 14/ 18 ]

7枠 [ 0- 1- 3- 15/ 19 ]

8枠 [ 2- 0- 2- 16/ 20 ]

 

→意外や意外。外目の枠のほうが勝ってますね!

内は、スタートして、すぐカーブで外からかぶさられると厳しいのかな?

1枠で勝った二頭を見てみましょう。

2009年のアルナスラインと2011年のトゥザグローリー。

両馬とも、4角5番手以内につけてますね。

1枠で2着まで、着た馬も、4角5番手にいる、先行できる機動力はある馬ですね。

またタイプ的にC系とS系ということで揉まれても大丈夫なタイプが内枠ではねらい目ということ。

 

 

脚質データ

逃げ   [ 1- 0- 0- 9/ 10 ]

先行   [ 6- 4- 4- 25/ 39 ]

差し   [ 3- 5- 4- 31/ 43 ]

追い込み [ 0- 1- 2- 35/ 38 ]

 

 

→先行が断然有利も、逃げは動画で紹介したネコパンチのみ。

逃げ馬は大逃げして、マイペースで逃げるようなタイプじゃないと厳しいか。

ある程度前につけれる、機動力がある馬がやはり有利。

 

 

前走距離データ

 

2200m 3 5 2 23 33 9.1% 24.2% 30.3%

2500m 3 4 1 14 22 13.6% 31.8% 36.4%

2400m 2 1 2 11 16 12.5% 18.8% 31.3%

3400m 1 0 2 14 17 5.9% 5.9% 17.6%

2000m 1 0 0 17 18 5.6% 5.6% 5.6%

1800m 0 0 2 13 15 0.0% 0.0% 13.3%

3600m 0 0 1 2 3 0.0% 0.0% 33.3%

→先行有利ということもあって、延長組が有利。

大幅延長よりも、ある程度近い距離実績のある先行馬狙い。

日経賞過去10年分析からみる注目馬!

☆ジュンヴァルカン

父ネオユニヴァース

格上げ挑戦で鮮度抜群。

先行できる機動力もあり、内枠に入れば、集中力も持続できる。

あとは、人気の先行馬が多いのでHペースになり前崩れなどにならなければ。

 

 

日経賞2017有力馬考察

 

ゴールドアクター S系

父スクリーンヒーロー

母ヘイロンシン(キョウワアリシバ)

 

休み明けに強いことや、初のG1挑戦の菊花賞で3着にはいるなど、鮮度があり、疲れなどもなければ

爆発的な力を発揮するのはS系らしい傾向。

ここも得意舞台の中山。断然人気もしょうがないが外枠に入り、外々を回らされると厳しいか。

ポイント

→【休み明け】【少頭数】【延長】

 

 

レインボーライン C(S)系

父ステイゴールド

母レーゲンボーゲン(フレンチデピュティ)

 

典型的なC系ではなく、フレンチデピュティのせいなのか、疲れやすくSっぽい部分もある。

OP特別で3着に入ったあと、凡走し、疲れの抜けた、500万下で一着後得意の格上げ挑戦で

凡走。その次はまた疲れが抜けて、重賞初制覇。

そしてまた、G2で5着に凡走し、G1のNHKマイルカップでは人気薄ながら3着。

交互系というか、疲れがないタイミングなら強い相手にも踏ん張る。

今回も休み明けは合うはず。あとは、展開や脚質が後ろからなので

中山2500で間に合うかどうか。

ポイント

→【内枠】【休み明け】【短縮】【格上げ】

 

 

シャケトラ L系

父マンハッタンカフェ

母サマーハ(シングスピール)

 

前走の初重賞では、少頭数の京都2400ということで揉まれにくくしかも、鮮度があるということで

L系にもかかわらず、格上げ挑戦で2着。

競馬場的には、中山向き(小回り)ではないので揉まれる内より、外の方がいいか。

ただ、まだキャリアもそんなにないので鮮度も多少ある。

延長で、揉まれない位置をとれれば。

ポイント

→【外枠】【少頭数】【休み明け】【スローペース】

 

Mの法則用語集

 

■S(闘争心)

闘争心を持つ馬に付く。

一本調子に走ろうとする性質。

このタイプは気性をコントロールするために、短縮などのショック療法が有効。

生涯に一度の絶頂期にはあらゆる条件を飛び越して走ろうとするが、それを過ぎると極めて不安定になる。

 

■L(淡泊さ)

淡泊さを持つ馬に付く。

自分のペースで淡々と走ろうとするタイプの馬で、延長や少頭数、広いコース、外枠、弱い相手との競馬が有効。

 

■C(集中力)

集中力を持つ馬に付く。

集中して他馬との相手関係の中で走ろうとする性質を持つ。

レース間隔を詰めたり、馬体重を絞ったり、内枠、ハイペース、強い相手との競馬など、摩擦の多い状況を得意とする。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でウマゲノム先生の競馬予想TWをフォローしよう!