【札幌記念2017】予想!過去10年分析と血統、ローテーションからみる注目馬!地方重賞完全的中♪ヤマカツエース、エアスピネル、マウントロブソン、マイネルミラノ

本日は【札幌記念2017】予想!過去10年分析と血統、ローテーションからみる注目馬!の記事を中心に書いていきたいと思います。

地方重賞

【クラスターカップ2017】【サマーチャンピオン2017】

【ブリーダーズゴールドカップ2017】3連発を

完全的中!!!!

うれしいですね~♪配当的には最初の2重賞はいまいちも

最後のブリーダーズGCは馬連16倍、三連複25倍も的中できしっかり回収♪

また後ほど、回顧を載せておきます♪

※このブログは天才、今井雅宏氏が開発された

「Mの法則」をもとに僕自身が独自で勉強し

いろんな予想法を試しながら相性のいい馬券術を組み合わせ予想をしています。

では予想法の根本の「Mの法則」とはなにか??

知らない方もいると思うのでブログ内でふれておきたいと思います。

Mの法則とは!?こちらで詳しく書いてます♪

今井雅宏さん新刊発売!!「短縮×逆ショッカーの威力」とは!

 

ブリーダーズゴールドカップ的中!

1着 △マイティティー

2着 ◎クイーンマンボ

3着 ▲オージャイト

馬連、三連複的中!!

1着のマイティティーは近走の走りから、買える要素は少なかったんですが

血統的に、ヒモに入れておきたい要素があったんですよね~

当然1着までは考えれてないですが

父親のエンパイアメーカーはL要素が強く、自分のスムーズな競馬ができれば

平気で巻き返すタイプだったこと。

そして、スムーズな競馬をするには、揉まれないことがまずは必須なので

最後に入る大外枠はもってこいの枠。

力的には、1600万下を勝ち上がってるのでこのメンバーなら

ある程度力を出せれば上位だということ。

ヒモに入れておかないと怖い要素がたっぷりでした。

当然、このぐらいの要素で上位評価にはできないので

単勝などは買えませんが、3連系のヒモには入れておきたい一頭でした。

2着の本命のクイーンマンボは力上位の上に、異端性の短縮ローテーション。

そして少頭数でばらける地方重賞ではほぼ崩れにくい。

今回、内に入れて、揉まれた分と仕上がり??だった分2着でしたが

あれで2着ですから、このメンバーでは力が抜けていた。

3着にはオージャイトが入りましたね。

キングカメハメハ産駒は鮮度や、疲れがないときは内枠が合うので評価を上位にしました。

最内通ると砂が深い可能性がありその分、評価を3番手に落としましたが

その不確定要素がなければ、対抗でもよかった、評価馬です。

鞍上の福永騎手は最内を通らないも馬群に入れる上手な競馬で

最後まで集中をきらさず走ってくれたのでよかったです。

地方重賞にしてはそこそこ配当がついたので満足です♪

いや~しかし地方重賞はかなり相性がいいので今後も

地方重賞あれば積極的に予想していきたいと思います。

 

札幌記念過去10年分析と血統、ローテーションからみる分析!

札幌記念2017/枠データ

1枠(1-0-1-11)
2枠(1-1-1-11)
3枠(1-2-4-9)
4枠(1-3-0-13)
5枠(2-1-1-13)
6枠(1-1-2-14)
7枠(1-0-0-17)
8枠(1-1-0-16)

→満遍なく走ってますね。

特にここからのデータで特徴は難しいですが

いつも言うように、データで特徴ない場合は当日にかなり傾向が出る可能性もあるので

当日もしくは、土曜日にどこが伸びてるかは把握しておきたい。

 

 

札幌記念2017/脚質データ

逃げ(2-0-0-7)
先行(4-4-3-27)
差し(2-3-5-35)
追込(1-2-1-35)

→これも、平均的な結果ですね。

過去に、名馬のブエナビスタが2着だったときは先行馬にやられてるので

人気馬が差し、追い込みなら前の馬に注意。

昨年もモーリスが逃げ馬にやられてますしね。

 

 

札幌記念2017/前走と距離データ

函館記念(3-2-5-37)
安田記念(0-1-1-1)
海外G1(0-2-0-5)

OP特別(0-0-0-15)
条件戦(0-1-0-7)

2000m 4 3 5 62 74 5.4% 9.5% 16.2%
1800m 3 2 0 23 28 10.7% 17.9% 17.9%
2200m 2 2 1 5 10 20.0% 40.0% 50.0%
2400m 1 1 1 7 10 10.0% 20.0% 30.0%
1600m 0 1 1 3 5 0.0% 20.0% 40.0%
2500m 0 1 1 7 9 0.0% 11.1% 22.2%
3200m 0 0 1 3 4 0.0% 0.0% 25.0%
1700m 0 0 0 1 1 0.0% 0.0% 0.0%
2600m 0 0 0 6 6 0.0% 0.0% 0.0%

→2200mからの短縮はあついですが基本G1宝塚記念からなので

ある程度力を持ってる馬。

タフな経験からの短縮なので宝塚記念からの短縮なら間隔もあいて良い短縮。

2000mは函館記念からローテーションが多いですが

稍重や重馬場、少頭数だったときが上位に函館記念組がきやすい傾向なので

頭数、当日の馬場には注意したい。

札幌記念2017分析!血統、ローテーションからみる注目馬!

距離は2000mからで見た目のショックはないものの

G1からのローテーションのこの馬に注目!

コチラで公開中⇒ 

前走は2走前の好走の疲れと初G1で鮮度あるものの、気持ちよく逃げれず凡走。

ダイワメジャー産駒なので、これぐらい激しく負けてストレス薄れるほうがいいので

今回は面白い。

逃げ馬なので、偶数枠の内目の枠なら理想。

ダイワメジャー産駒は疲れがないときに、一番パフォーマンスがいいので

ローテーション、血統的にも、良い。

あとは人気が落ちてることを祈るのみ!!!

 

※急な雨や、当日じゃないとわからないバイアス(馬場の偏り)が発生した際などに

変更した情報がほしいかたは下記の登録お願いします!

また重賞だけしかブログではほとんど予想してませんが

ほかに面白いレースがあれば配信するかも!?

LINE@登録おねがいします♪

Line@ ⇒ 登録はこちら

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でウマゲノム先生の競馬予想TWをフォローしよう!