【東京優駿日本ダービー2017】予想!過去10年分析と先週の回顧!サトノアーサー、アルアイン、アドミラブル、カデナ、レイデオロ

本日は【東京優駿日本ダービー2017】予想!と過去10年分析を中心に記事を書いていきたいと思います。

いよいよこの時が来ましたね~。ホースマンにとったら一年で一番緊張感が高まる日ではないでしょうか。

有名な言葉に「ダービー馬のオーナーになることは一国の宰相になることより難しい」

といわれるほど貴重なレースだそう。

でもでもでも馬券を買う競馬好きとしては

「当たらないと意味がない!!!」

本命を当てて祝いたいですね♪

※このブログは天才、今井雅宏氏が開発された

「Mの法則」をもとに僕自身が独自で勉強し

いろんな予想法を試しながら相性のいい馬券術を組み合わせ予想をしています。

では予想法の根本の「Mの法則」とはなにか??

知らない方もいると思うのでブログ内でふれておきたいと思います。

Mの法則とは!?こちらで詳しく書いてます♪

 

 

まずは先週の回顧・・・。

平安ステークス2017

1着 〇グレイトパール

2着 △クリソライト

3着 -マイネルバイカ

4着 ◎ピオネロ

 

悔しい・・・。

Hペースは読んでいたので、ピオネロの展開になりましたが、足の使いどころが・・。

まさかの、内枠なのに、大外ぶん回し。

瞬発力タイプでもないので、あの仕掛けじゃ~切れ負けするでしょ。

それでも、3着に残れる可能性はあったものの、ペース読みの天才「武豊J」にやられました。

クリソライトは切れ味タイプなので、逃げて引き付けてよーいドンが得意。

っでそれを、後ろからやっただけの話で、レース質を判断し性質をうまく生かした

武騎手の好騎乗。前に行ってたらつぶれてたでしょうね。

ペース、馬場ともに、読めていたのに、外すとは・・・。悔しい一戦でした。

 

 

 

優駿牝馬オークス2017

1着 ▲ソウルスターリング

2着 ーモズカッチャン

3着 ▲アドマイヤミヤビ

 

完敗です。

もっと混戦になるとおもってましたが、ペースは落ち着き、上がり勝負。

まったく予想と違いましたので言い訳もできません。

ダービーとりますよ!

 

分析に行く前に先週の異常オッズもご紹介!

オッズも異常だし、ローテーションも抜群だし。最高でした。

4番のバウトナカヤマを見て下さい。

馬連オッズでは、15番人気、単勝オッズは9番人気。

そして複勝オッズは1番人気でした。

最終確定オッズは、落ち着いて

単勝11番人気41倍。複勝は7,6倍~。

これはオッズ的には抜群でした。

ローテーションと血統を見てみると

前々走は1200で差し競馬。

前走は1600に延長で先行。

そして今回、1400へのバウンド短縮+短縮ショッカーに該当!

バトルプランはそこまで、揉まれ強くはないので内枠はいまいちでしたが

内が伸びてた土曜の馬場なので内が物理的に有利なのでそんなにきにならない。

結果は3着。

前が詰まってたのと、外に切り替えたのでかなりロスがあったなか3着まできたので

スムーズなら頭まで!?と思わせる最後の脚でした。

 

このように、異常オッズ=調子がいい馬。

と思ってるので、ここに、血統+ローテーションが加われば最強だと思います。

こういうレースが毎週一回あればいいんですけどね~~~。

 

では分析へ

 

東京優駿日本ダービー過去10年分析

 

・日本ダービー/枠データ

1枠(5-2-1-12)
2枠(2-0-3-15)
3枠(1-0-0-19)
4枠(0-3-2-14)
5枠(1-1-1-17)
6枠(0-2-1-17)
7枠(1-1-2-26)
8枠(0-1-0-28)

→1枠が吐出してるぐらいで、ほかはそんなに変わりないですね。

仕掛けどころがいろいろあるので、そこまで気にしなくてもいいと思います。

強いて言うなら、先行馬の外枠は嫌でも押していかないといけないので、物理的に不利。

 

 

 

・日本ダービー/脚質データ

逃げ(0-1-1-8)
先行(2-3-1-28)
差し(6-5-6-68)
追込(2-1-2-44)

→平均的ですね。

ただ逃げも残ることもあるので、人気馬が差し馬が多いと、穴馬の逃げには要注意。

 

 

 

・日本ダービー/前走データ
皐月賞(7-6-5-61)
NHKマイルC(1-1-1-28)
京都新聞杯(1-1-1-19)
青葉賞(0-2-2-23)
桜花賞(1-0-0-1)
プリンシパルS(0-0-1-11)

→青葉賞組は、同じ距離で短いローテーションなので厳しい。

ただ、調子がいいはずで、上がり馬なので、軽視はできない。

プリンシパルステークスも、前哨戦のタフな2000メートルなので疲れが心配なローテーション。

皐月賞組からで気を付けないといけないのは

当たり前のことですが

中山から東京に替わること。

近年は中山も、高速化してきて、似たような血統が走るものの

小回り急坂の中山はやはり適正がある。

もまれ弱い血統や、大外ぶん回しで届かなかった馬などの巻き返しもあるので

一頭一頭性質をみるのが大事。

 

東京優駿日本ダービー2017過去10年分析からみる注目馬!

コチラで公開中⇒ 

前走負けてストレス薄れた。

脚質、エンジンのかかりをみても、東京向き。

中枠あたりから直線馬群を縫ってこれば。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でウマゲノム先生の競馬予想TWをフォローしよう!