【皐月賞2017】予想!過去10年分析からみる注目馬!日曜桜花賞2017回顧!ファンディーナ、カデナ、レイデオロ

本日は【皐月賞2017】予想!過去10年分析と日曜桜花賞2017の回顧を中心に書いていきたいと思います。

いや~桜花賞、断然人気ソウルスターリング飛びましたね~。

3着まで粘ったので、3連系の方はぎりぎりとったと思いますけど、2連系だと最悪でしょうね。

3000万以上の単勝ぶちこみをしたかたがいたとか・・・。

そんなリスキーなことする人は、3000万なくなってもいたくないんだろうな~。

それとも!?・・・。

※このサイトは天才、今井雅宏氏が開発された「Mの法則」をもとに僕自身が独自で勉強し

いろんな予想法を試しながら相性のいい馬券術を組み合わせ予想をしています。

では予想法の根本の「Mの法則」とはなにか??

知らない方もいると思うのでブログ内でふれておきたいと思います。

(Mの法則の意味と用語集は一番に下にのせておきます)

 

 

まずは桜花賞2017の回顧からいきましょうか!

1着 △レーヌミノル

2着 △リスグラシュー

3着 ◎ソウルスターリング

 

→前半予想通りカワキタエンカが800メートル46,5秒で引っ張りちょい早めのペースも2番手集団と距離が空き、2番手集団は平均ペースでレースを進める。

馬場はややおもといえど、最高34,9秒の上がりしかだせなかったのでやはり重い馬場だったのだろう。

今回はいろいろ反省点ありますが、予想がブレたというか甘さがでましたね。

◎のソウルスターリングは血統から重い馬場は大丈夫と思いきや、イマイチだったのはしょうがないとしても、2着のリスグラシューの評価を下げたこと。

リスグラシューは強い相手に食い下がるハーツクライ産駒。

ただし疲れに弱い。今回は前哨戦に負けたのでストレスが薄れ、疲れもない。

当初評価を本命か対抗まで考えていましたが、調教後馬体重で変なことをかんがえてしまいました。

リスグラシューは調教後馬体重が+12で

「ここを捨てて、調教を緩めて、オークスをとりにきたのか!?」と。。。

すると、ふたを開けると、-2キロで出走。

全然体絞れてるやん。。。

僕は、血統をメインにした予想なのに、なんか関係者情報みたいに陣営を勘ぐってしまいました。

予想がブレた証拠です。

レーヌミノルがあそこまで重い馬場が得意とは思ってませんでしたがヒモには入れたので

リスグラシューを上位評価できてれば、3連複や馬連をとれていたことを思うと

悔しいです!

皐月賞こそきれいにとるぞ!!!!

 

皐月賞過去10年分析!(2011は除く)

・皐月賞/枠データ

1枠(1-1-1-14)
2枠(1-2-0-15)
3枠(1-1-1-15)
4枠(1-0-1-16)
5枠(0-2-1-15)
6枠(0-0-3-15)
7枠(2-1-1-22)
8枠(3-2-1-20)

→中山2000にしては大外が勝ってる傾向。

馬場の内側が荒れ、自然と外々を回る外枠が勝ちやすいのと、ペースが速くなりやすいということか。

 

 

・皐月賞/脚質データ

逃げ(2-0-1-8)
先行(1-4-2-24)
差し(6-2-5-62)
追込(0-3-1-38)

→これは平均的な感じだが、逃げもペース次第では残れる。

ただし、馬場が荒れてるところを通らないといけないので、重い馬場でも対応できる馬が良い。

 

 

・皐月賞/前走データ/距離データ

スプリングS(3-2-2-42)
弥生賞(2-5-3-35)
共同通信杯(4-0-2-4)
京成杯(0-0-1-3)
毎日杯(0-0-0-13)
アーリントンC(0-0-0-4)
きさらぎ賞(0-0-1-8)
シンザン記念(0-0-0-3)

 

1800m 7 2 5 70 84   8.3% 10.7% 16.7%

2000m 3 8 5 56 72   4.2% 15.3% 22.2%

1400m 0 0 0 1 1    0.0% 0.0% 0.0%

2400m 0 0 0 1 1    0.0% 0.0% 0.0%

1600m 0 0 0 9 9    0.0% 0.0% 0.0%

2200m 0 0 0 10 10   0.0% 0.0% 0.0%

→弥生賞組も含む、2000メートル組が安定していますね。

弥生賞組で狙うのは、激走ではないパターン。(人気を裏切ってる馬の事)

 

過去10年分析からみる注目馬!

→前走まで連対を続け、前走で凡走。これでストレスが抜けたので、タフなレース質になれば有利。

中山2000に対しての経験値も抜群なので、前走の負けがただの疲れで負けたことを信じるのみ。(たまに、本当に体調不良で負けてそのままG1だからと使ってるくる場合あるので当日馬体重は注意)

脚質は、差しですし瞬発力勝負は向かないので、ペースはそこそこ流れるメンバーにはなってほしい。

 

Mの法則用語集

■S(闘争心)

闘争心を持つ馬に付く。

一本調子に走ろうとする性質。

このタイプは気性をコントロールするために、短縮などのショック療法が有効。

生涯に一度の絶頂期にはあらゆる条件を飛び越して走ろうとするが、それを過ぎると極めて不安定になる。

 

■L(淡泊さ)

淡泊さを持つ馬に付く。

自分のペースで淡々と走ろうとするタイプの馬で、延長や少頭数、広いコース、外枠、弱い相手との競馬が有効。

 

■C(集中力)

集中力を持つ馬に付く。

集中して他馬との相手関係の中で走ろうとする性質を持つ。

レース間隔を詰めたり、馬体重を絞ったり、内枠、ハイペース、強い相手との競馬など、摩擦の多い状況を得意とする。

 

■ストレス

接戦後や、自分と同路線の馬が多くいるレースに出走するときに溜まりやすい。

人間同様、競走馬もストレスが溜まれば体調もよくなく、走れなくなる。

どころか、サラブレッドは慢性的に胃潰瘍とまでいわれるほど、ストレスを感じやすい。

 

■鮮度

馬の状態がフレッシュであること。

休み明けや条件替わり、メンバー替わり、格上げ戦、位置取りショックなどで鮮度は上がる。

また生涯でその条件、クラスの経験が少ない馬を「生涯鮮度が高い」などと表現する。

 

■位置取りショック

道中の位置取りを変えることで、馬に刺激を与えるMショック療法のひとつ。

前走先行から今回差し、あるいはその逆や、前走逃げられなかった逃げ馬などのこと。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でウマゲノム先生の競馬予想TWをフォローしよう!