【福島牝馬ステークス2017】予想!過去10年分析からみる注目馬!ウキヨノカゼ、ウインファビラス、クインズミラーグロ

本日は【福島牝馬ステークス2017】予想!過去10年分析からみる注目馬!を中心に書いていきたいと思います。

登録メンバーを見渡すと、抜けた馬が全然いないですね~~~!

強いてあげるなら、最近の戦績でいうとクインズミラーグロか!?

過去に二桁人気が3着以内に入ったのは9回。ほぼガチガチもないレース。

これはしっかり分析して、レース質を見極めれば、高配当も狙える!

怒涛のG1週が始まる前にしっかり資金稼ぎをしなくちゃ♪

※このサイトは天才、今井雅宏氏が開発された「Mの法則」をもとに僕自身が独自で勉強し

いろんな予想法を試しながら相性のいい馬券術を組み合わせ予想をしています。

では予想法の根本の「Mの法則」とはなにか??

知らない方もいると思うのでブログ内でふれておきたいと思います。

Mの法則とは!?こちらで詳しく書いてます♪

 

 

まずはこの記事から→オルフェーヴルの全妹オルファン始動!

名馬の兄弟がデビューすると、やはり気になっちゃいますよね!

オルフェーヴルのお母さんオリエンタルアートはステイゴールド産駒を黄金配合とか言われて何回もつけてますが

ステイゴールド産駒が1頭だけを除いてすべて重賞まで送り出してるんですよね。

いろいろな配合試してるみたいですが、やはりステイゴールドと相性がいいんでしょう♪

今回デビューするオルファンは「純金」という意味だそう。

体重は400きろソコソコ、小柄でステイゴールド産駒らしい。

3歳ということで出遅れぎみだが、ここからお兄ちゃんのように、捲る競馬で秋には大本命まで上り詰めることを期待します!

 

 

皐月賞2017回顧!

1着 -アルアイン

2着 -ペルシアンナイト

3着 -ダンビュライト

全然ダメ!!!!

馬場読み、展開。全然だめ。

土曜日に急に、馬場が固められ、タイムが早くなったことにびっくりしましたが、こんなに内が有利になるとは。

いろんなところでよんだ記事では、G1週はタイムを上げるために芝を整備するそう。

その辺も、しっかり情報をキャッチして、ほかのレースで判断して予想を変えないといけないですね。

詰めの甘さです。反省。。。

 

 

荒れるレースこそびしっと決めたいので福島牝馬ステークス分析しまっせ~~!!

福島牝馬ステークス過去10年分析

・福島牝馬ステークス/枠データ

1枠(1-2-1-13)

2枠(1-0-1-16)

3枠(2-0-2-14)

4枠(4-1-0-13)

5枠(0-1-2-15)

6枠(0-3-0-15)

7枠(1-0-2-15)

8枠(0-2-1-15)

→3,4枠あたりが安定している感じ。内過ぎず、外過ぎず。

4枠が連に絡んでるときは、2010年のレジネッタを除いてすべて4角5番手以内。

横も見れて、ある程度機動力があれば前につけれて、内をロスなく回れるというベストな枠か。

 

 

・福島牝馬ステークス/前走距離

1400m以下(0-0-0-17) 0.0% 0.0% 0.0%

1600m  (0-0-3-24) 0.0% 0.0% 11.1%

1800m  (8-8-4-70) 8.9% 17.8% 22.2%

2000m以上(2-2-3-18) 8.0% 16.0% 28.0%

→同距離と短縮組が良い。

短縮の中でも、2000メートルからの根幹距離の短縮がベスト。

ほとんどが中山牝馬ステークスを経由してくるので、1800からのローテーションがおおいですが

格上げや、別路線で2000メートルからのローテーションがいればあつい。

 

・福島牝馬ステークス/脚質

逃げ(1-0-2-7)

先行(4-4-5-17)

差し(4-2-2-54)

追込(0-3-0-37)

マクリ(0-0-0-1)

→先行、差しが順当に勝つ。

ただ、福島競馬場らしく、逃げが3回も3着以内に残ってるので、ペース、馬場次第では残れるレース。

逃げ馬にも要注意。

 

福島牝馬ステークス2017過去10年分析からみる注目馬!

父キングカメハメハ

1000万下からの格上げ挑戦。

距離も2000からの短縮で、前走4角5番手以内。

脚質が、自在性がなさそうなので、周りのペース判断もいるが

重賞鮮度、ローテーションは抜群でおもしろい一頭。

枠順確定後、しっかり見直しますが、▲までには入りそうな逸材。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でウマゲノム先生の競馬予想TWをフォローしよう!