【金鯱賞2017】予想!有力馬考察!

本日は【金鯱賞2017】予想!有力馬考察を中心に記事を書いていきたいと思います。

2017年開催から有馬記念へのステップレースだった金鯱賞が

新設G1「大阪杯」のステップレースとなった。

距離は2000のまま。

有馬記念へは2000→2500の延長ステップ。

大阪杯は2000→2000の同距離ステップ。

馬は飽きやすい動物。ストレスを抱えやすい生き物。

金鯱賞ステップが吉と出るか否か。

しっかりと有力馬を見ていきたいと思います。

金鯱賞2017有力馬考察

 

サトノノブレス L(S)系

父ディープインパクト

母クライウィズジョイ(トニービン)

 

新馬勝ちは新潟の上がり勝負。

2勝目も少頭数の京都競馬場。

重賞初制覇の日経新種杯は休み明けの、揉まれない先行。

若いときは母父トニービンの影響もありS質な部分も多少ありましたが

年を取るにつれL系気質が多くなってきています。

ディープインパクト産駒でも長生きするタイプこういうタイプなので、馬主孝行ではある。

ポイントは

→【揉まれない】 【外枠】 【気持ちよく先行】もしくは、【ドスロー】。

G1を勝つにはいろいろ条件は厳しいも、G2、G3ならいくらでも巻き返してくるので注意。

 

 

ステファノス S(L)系

父ディープインパクト

母ココシュニック(クロフネ)

 

初勝利は3戦目阪神1600。

2勝目は延長、重馬場京都1800。

初重賞制覇は2200から短縮の東京1600。

母父クロフネ影響かS質が多めに出てる。

重馬場で勝つ、短縮で勝つなど、S質が多い馬に見られる傾向。

ただ、ディープインパクト産駒というの変わりないので、上がり勝負は得意であり

過度には揉まれたくない。

サトノノブレスとの違いは、休み明けやストレスないとは馬群やタフなレースも

我慢できる点。

ポイントは

→【休み明け】もしくは【疲れがないとき(激走後ではない)】【短縮】

 

 

ヌーヴォレコルト S系

父ハーツクライ

母オメガスピリット(スピニングワールド)

 

初勝利は東京1600。

2勝目は中京1600。

ここまで見るとL系??と思われがちだが

初重賞挑戦のチューリップ賞で4番人気2着。

初G1で5番人気3着。

続くオークスでハープスターを破ってのG1初制覇。

常に強い相手と戦ってる時は100%のパフォーマンスを発揮する。

こういうところが典型的なS系。

近走は調子崩してる点も、連チャン期を過ぎると一旦走らなくなるS系らしい。

ポイントは

→【重馬場】【タフなレース(Hペースなど)】【内枠】【休み明け】

 

 

ヤマカツエース S系

父キングカメハメハ

母ヤマカツマリリン(グラスワンダー)

 

初勝利は函館1200

2勝目は短縮で京都1400

重賞初制覇は延長、G2中山1600

函館で勝ち上がり、重賞制覇は中山とタフな馬場で本領発揮はS系らしい。

ただし、S系過ぎるのか、一度激走すると次走間隔開けるか、なにかしら環境変化を与えないと必ず凡走。

ポイントは

→【間隔あける】【内枠】【タフな馬場(重馬場)】

 

 

ルージュバック L系

父マンハッタンカフェ

母ジンジャーパンチ(Awesome Again)

 

新馬戦から少頭数3連発で3連勝。

初重賞制覇も、少頭数の京都競馬場の外回り。と揉まれない、軽い条件ばっかり。

続く、桜花賞では、位置取りもあるが、初の多頭数で揉まれ凡走。

オークス向きといわれ、一番人気に押されるも、2着。

強い相手やタフな条件になって、頑張るタイプではない、L系らしい。

次に重賞制覇するのは、エプソムカップ。

G1からG3への格下げ挑戦、1番人気、ドスローの上がり勝負。

馬にとって、前走より楽な条件ばかり。

次はG2制覇して「強い相手に勝ってるやん!」と思われるかもしれませんが

休み明けの大外ぶん回し、そしてスローの上がり勝負。

まさしくL系。

気分よく走れる環境や、疲れがなければ、自分のパフォーマンスを発揮する。

ポイントは

→【揉まれない】【スロー】【広い(軽い)競馬場】【ストレスない状態】

 

いかがでしたでしょうか??

有力馬の考察で当日の条件をみて、当てはめてみると好走馬がわかるかもしれません♪

参考にしてみください!

 

Mの法則用語

 

S系(闘争心)
闘争心を持つ馬に付く。一本調子に走ろうとする性質。

このタイプは気性をコントロールするために、短縮などのショック療法が有効。

生涯に一度の絶頂期にはあらゆる条件を飛び越して走ろうとするが、それを過ぎると極めて不安定になる。

Sの由来は闘争を表す“Struggle”の頭文字から。

 

L系(淡泊さ)
淡泊さを持つ馬に付く。

自分のペースで淡々と走ろうとするタイプの馬で、延長や少頭数、広いコース、外枠、弱い相手との競馬が有効。

Lの由来は軽さを表す“Light”の頭文字から。

 

ストレス

接戦後や、自分と同路線の馬が多くいるレースに出走するときに溜まりやすい。

人間同様、競走馬もストレスが溜まれば体調もよくなく、走れなくなる。

どころか、サラブレッドは慢性的に胃潰瘍とまでいわれるほど、ストレスを感じやすい。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でウマゲノム先生の競馬予想TWをフォローしよう!