【青葉賞2017】予想!各馬考察!アドミラブル、トリコロールブルー、ポポカテペトル

本日は【青葉賞2017】予想!と共に、各場考察を中心に記事を書いていきたいと思います。

結局は、12頭立てと寂しい結果になりましたね。

強い!といわれる馬が一頭いるので、みんな、京都新聞杯2017とかに、回っちゃってるのかな!?

毎回書いてますが、強いといわれる馬でも

少頭数のほうがあってる場合もあれば多頭数のほうが力を発揮する場合もあるので

その辺の運をも味方につけてダービーへの切符を勝ち取るのはどの馬でしょうか!?

※このブログは天才、今井雅宏氏が開発された

「Mの法則」をもとに僕自身が独自で勉強し

いろんな予想法を試しながら相性のいい馬券術を組み合わせ予想をしています。

では予想法の根本の「Mの法則」とはなにか??

知らない方もいると思うのでブログ内でふれておきたいと思います。

Mの法則とは!?こちらで詳しく書いてます♪

 

青葉賞2017各馬考察

1 スズカロング
牡3 56.0 蛯名 橋田 162.2 11

父ワークフォース

母スズカローラン
(サンデーサイレンス)

休み明け。ダートから芝。延長。

休み明けということで調整どうかも、タイプ的にも、休み明け、少頭数は合う。

内枠はいまいちも、この頭数と東京2400ならあまり影響ないだろう。

ダートからのローテーションで芝も経験してるので怖い一頭。

距離は血統からもこなせる。

 

 

2 サーレンブラント
牡3 56.0 柴山 戸田 53.3 9

父ディープインパクト

母ブライトアバンダンス
(Quiet American)

延長。

東京2400はこなしてるので、延長は問題ない。

ただし、上がり34秒台前半をだしたことないので、重賞の少頭数で上がり勝負になると未知数。

思い切って、先行して消耗戦に持ち込んだほうが合う。

 

 

3 アグネスウイン
牡3 56.0 川又 森 166.8 12

父ホワイトマズル

母アグネスパサー
(エルコンドルパサー)

休み明け。延長。

芝の重馬場で好走してるように、特殊馬場は向くタイプ。

雨が降ったり、超高速になったりと特殊な馬場で一発か。

 

 

 

4 ポポカテペトル
牡3 56.0 ルメール 友道 10.1 3

父ディープインパクト

母ミスパスカリ
(Mr. Greeley)

前走の勝ち方は東京が向くであろう走り。

中山とかよりも、広い東京は良い。

上りも34秒台前半が出せるので、上がり勝負でも対応できるはず。

血統的にも、条件合う。

当日馬体減り注意。

 

 

5 ダノンキングダム
牡3 56.0 内田博 安田隆 13.0 5

父ステイゴールド

母ヴィヤダーナ
(Azamour)

休み明け。

疲れとれて、馬体回復すれば。

間隔あいての遠征なので、大丈夫だと思いますが、馬体が回復してないと危険。

血統的に少頭数向きでもないので、自分から動いて消耗戦に持ち込めば。

 

 

6 アドマイヤウイナー
牡3 56.0 秋山 須貝 23.4 8

父ワークフォース

母ソングバード
(ダンスインザダーク)

延長。

少頭数は合う。

ただ、札幌等で好走してるように、重めの馬場を揉まれない競馬が合う。

今回、揉まれにくいも、軽い馬場になってる可能性あるので、上がり勝負にならなければ。

 

 

7 マイネルスフェーン
牡3 56.0 柴田大 手塚 16.3 7

父ステイゴールド

母マイネジャーダ
(ジェイドロバリー)

休み明け。延長。間隔あいて疲れとれ。

タフなレース質が合うので、東京の少頭数はいまいち。。

自分から消耗戦に持ち込めば。

ただ、力上位。

 

 

8 タガノアシュラ
牡3 56.0 北村宏 五十嵐 60.8 10

父マンハッタンカフェ

母レイサッシュ
(パラダイスクリーク)

バウンド延長。

量系(L系)なので、少頭数の外枠は抜群。

あとは、揉まれず気持ちよく逃げられれば。

東京は、逃げが残らない馬場が多いので、当日別のレース等で逃げ馬が勝ってたりしたら要注意。

怖い穴馬。

 

 

9 ベストアプローチ
牡3 56.0 岩田 藤原英 13.2 6

父New Approach

母Sant Elena
(Efisio)

延長。

上がり勝負でも以前、東京の経験で33秒台出してるので大丈夫。

あとは、前走頑張った反動が出なければ。外枠は合う。

 

 

10 アドミラブル
牡3 56.0 Mデムーロ 音無 1.4 1

父ディープインパクト

母スカーレット
(シンボリクリスエス)

前走圧勝。

33秒台もだせるので、東京向きか。

遠征、左回り経験ないので、断然人気の理由がわからない。

ディープ産駒の良血。というのが先行してるような。。。

ただ、東京は、ディープインパクト産駒の庭なのはたしかなので、馬場は合うはず。

 

 

 

11 トリコロールブルー
牡3 56.0 戸崎圭 友道 10.0 2

父ステイゴールド

母ペンカナプリンセス
(Pivotal)

バウンド延長。

今回先行すれば、位置取りショック。

タイプ的に、内枠向きなので、外々を回る競馬ではなくて、内に突っ込みたい。

 

 

 

12 イブキ
牡3 56.0 田辺 奥村武 12.5 4

父ルーラーシップ

母ピサノドヌーヴ
(アグネスタキオン)

延長。

前走逃げの位置取りショックで勝ったので、疲れ気になる。

気持ちよく逃げられれば。

 

青葉賞2017予想!

 

 

▲9番ベストアプローチ

▲11番トリコロールブルー

 

△1番、7番、5番、12番

 

平均より遅めで33秒8~34秒台前半の決着想定。すこし切れ味が必要な流れ。

馬場は良馬場でフラット。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でウマゲノム先生の競馬予想TWをフォローしよう!