【青葉賞2017】予想!過去10年分析!マイネルスフェーン、キングズラッシュ、トリコロールブルー

本日は【青葉賞2017】予想!を中心に書いていきたいと思います。

過去10年の勝ち馬で、3番人気以内の馬は、6頭。

かなり、実力というかオッズを信頼できるレース。

前走連対してる馬の勝ち上がり率も6割。

勢いがあり、能力があるといわれる馬には素直に従い、少ない点数で仕留めたいレース。

さぁダービーへの切符はどの馬になるのか!?

ちなみに、青葉賞勝ち馬からダービー勝ち馬はでてないんだよな~~。。

グレートウォールていう映画知ってますか??

映画は小さい頃から好きで、特に洋画を中心にみてます。

その中でも、いつも気になるのが、歴史にまつわる映画。(フィクションものとかも好きです)

レッドクリフなどは代表作ですが、海外がアジア歴史ものを膨大な製作費で作り上げるのは、迫力がありおもしろいんですよね。

当然、演出で人間がこんなん無理やろ!?とかもありますが、それは映画。

グレートウォールは万里の長城をテーマに、モンゴルからの敵をモンスター!?に見立てて、映画風に作成。

当然、現実ではありえない設定ですが、迫力があり気になる作品です。

もう日本では上映されてるんラしいんですが、みにいく時間がない!!!(笑)

DVDまで待って、車の移動中みるか・・・。でも早くみたい!!!

 

You will never find time for anything.
If you want time you must make it.

時間を見つけるなんてできない。時間が欲しければ、つくることだ。

Charles Buxton

 

そうだ!!!時間なんて見つけれない。作るんだ~~~!!!チャールズありがとう!!

 

では時間を作ると決意したところで分析の方へ♪

※このブログは天才、今井雅宏氏が開発された

「Mの法則」をもとに僕自身が独自で勉強し

いろんな予想法を試しながら相性のいい馬券術を組み合わせ予想をしています。

では予想法の根本の「Mの法則」とはなにか??

知らない方もいると思うのでブログ内でふれておきたいと思います。

Mの法則とは!?こちらで詳しく書いてます♪

 

青葉賞過去10年分析!

・青葉賞/枠データ

1枠(1-2-1-15)
2枠(1-2-0-16)
3枠(2-1-1-15)
4枠(2-1-1-16)
5枠(1-2-2-15)
6枠(2-2-0-16)
7枠(0-0-2-25)
8枠(1-0-3-24)

→東京2400なので、そこまで有利不利はなさそう。

ただ、馬場はきれいなので、当然物理的に内枠のほうがロスなく乗れる。

 

・青葉賞/脚質データ

逃げ(0-1-0-9)
先行(2-3-1-27)
差し(6-5-8-61)
追込(2-1-1-44)
マクリ(0-0-0-1)

→東京らしく、差し、追い込み寄りの傾向。

ただ、脚質というよりも、上がりの速いタイムが出せるか?坂道は大丈夫なのか?という点を気を付けたい。

上りは、33秒6~34秒5ぐらいの馬ぴったし。軽すぎるのもよくないし、重すぎるのもよくない。

 

 

・青葉賞/前走データ

毎日杯(3-0-1-8)
弥生賞(2-0-0-4)
スプリングS(0-1-0-14)
皐月賞(0-0-0-4)
東京スポーツ杯2歳S(0-0-0-2)
共同通信杯(0-0-0-4)

OP特別(1-1-1-19)
500万下(4-7-8-76)
未勝利(0-1-0-10)

・青葉賞/前走距離データ

1700m以下(0-0-0-4) 0.0% 0.0% 0.0%
1800m  (3-2-1-55) 4.9% 8.2% 9.8%
2000m  (3-1-1-35) 7.5% 10.0% 12.5%
2200m  (2-7-3-27) 5.1% 23.1% 30.8%
2400m以上(2-0-5-19) 7.7% 7.7% 26.9%

→重賞でいえば、弥生賞、毎日杯からのローテーションが間隔あいてていい。

そのうえで、弥生賞は軽く負けてる(人気を裏切ってる)ほうが疲れもなく、良い。大敗だと調子が悪かったり、能力が足りない可能性あるので。

毎日杯からは延長なので、先行できる馬?が熱いと思いましたが違いましたね。

阪神の重めの馬場が合わず、東京の軽い馬場で巻き返すというパターンですね。

毎日杯組は、バウンド延長なのもあつい。

Mの法則のタイプ別でいうと、量系のLが大幅延長にも対応して、良い。

 

青葉賞2017過去10年分析からみる注目馬!

→バウンド延長。

多頭数の内枠向きも、前走負けてストレス薄れてる。

ぜひ内枠にはいってほしい。

あとは、変に外々をまわしたりせず、内でじっとためて、直線勝負にかけてほしい。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でウマゲノム先生の競馬予想TWをフォローしよう!