【2016朝日杯フューチュリティステークス】出走有力馬血統考察or予想!

今日はいち早く、2016朝日杯フューチュリティステークス出走予定馬の血統から見る考察と予想を書いていきたいとおもいます。

最初に、懺悔も兼ねて・・・。

阪神ジュベナイルフィリーズ予想の回顧を載せていきたいと思います。中間予想本命のソウルスターリングが勝ちましたね。

内枠に入り、もまれた経験がないので、評価を下げましたが、思った以上に内外にばらけてストレスを受けなかったですね。

フランケル産駒は、やはり、上がり勝負もいけるし、荒れた馬場もこなせるパワー系の印象です。

若いうちはタフな状況も頑張るでしょうが年を重ねて鮮度がなくなると、揉まれて大敗もあるので、3歳秋以降の状況は要注目です。

予想は最悪でしたが、負けを次に生かしてやっていきます。

ポジティブシンキーーーング。

misuerute

 

 

では2016朝日杯フューチュリティステークスの出走予定有力馬の血統から見る予想を載せていきたいと思います。

血統考察

モンドキャンノ

父キンシャサノキセキ

キンシャサノキセキ自身はしぶといタイプでしたが、産駒は、もまれ弱いタイプが多いですね。

前走は、1400重賞を休み明けで勝ってここにきました。外からスムーズに加速して、突き抜けた内容を見ると、やはり外枠向き。

今回は延長の上、ペースも京王杯よりもはやくなりそうなので、先行すると嫌気がさし、凡走する可能性は高いですね。

ポイントは外枠で前走と同じような位置取りで矯める競馬がいいと思います。

 

 

トラスト

父スクリーンヒーロー

モーリスが代表産駒ですが、イメージは一緒です。あまりもまれず、加速して、思う存分パワーを出すタイプ。加速途中でブレーキかけたりすると、瞬発力はないので、よくない。

トラスト自身は先行逃げなので、ブレーキとかはかからないと思いますが、スローだと切れ負けするので平均以上のペースでいきたい。

前走は差し競馬のなか、先行馬最先着。調子はいいと思います。

ポイントは前残り馬場か外差し馬場なら、外枠に入り、差しに回り、徐々に加速していく形だとおもしろい。

 

 

レヴァンテライオン

Pioneerof the Nile

産駒の傾向性はよくわからないというのが正直なところ。

この馬自身の傾向性として、先行して押し切るところをみると、パワー系。函館で強い勝ち方してるので瞬発力勝負は苦手なはず。

阪神1600外回りは部が悪いか。。

ポイントは馬場が渋れば台頭。

 

 

ミスエルテ

父フランケル

ソウルスターリングの時にいろいろ話はしましたが、基本内枠よりも、外枠タイプ。父は違いますが、ハープスターのようなタイプですね。

阪神馬場は日曜になると、外も伸びるような馬場になってきたので、次の日曜は、もっと外差し有利になってそうなので、着外になる可能性は低い。

ポイントは外枠からスムーズに加速できれば。

 

 

アメリカズカップ

父マンハッタンカフェ

今回似たようなタイプが多いですが、マンハッタンカフェ産駒ももまれ弱く、外枠タイプ。

ただ、上りが早い!というタイプではないのでドスローはいまいち。

ポイントはやはりこの馬も、外枠のほうがいい。馬場が渋るのも苦にしないので、似たようなタイプの人気馬を倒すなら、馬場が渋ったほうがいい。

 

 

リンクスゼロ

父アドマイヤマックス

若いうちは、馬群も割れるタイプなので、内枠でもいい。

ダートからの臨戦過程なので、勝負にきてるのか、出せるレースに出してるのか、中間の調教、当日馬体重は要注意。

ただ、ローテーション的には抜群。阪神1600も勝ち星があり、タフなダートの経験してるので、ある程度ペースが上がってもしぶとさ生かせるはず。

ポイントは中枠あたりで、中団で矯める競馬。

有力馬はこんなところでしょうか??

まとめると

◎リンクスゼロ

〇ミスエルテ

ですね!

リンクスゼロのローテーションは本当にいいので、陣営としても、勝負がかりで仕上げてほしい。

あとは全馬がミスエルテマークしすぎて、瞬発力勝負にならないよう祈るのみ。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でウマゲノム先生の競馬予想TWをフォローしよう!