【2017アメリカジョッキークラブカップ】予想!有力馬血統診断

本日は2017アメリカジョッキークラブカップ予想!を中心に書いていきたいと思います。

いや~今週はG2二発ですか!

アメリカジョッキークラブカップに関しては、G1好走組も多数!

そして、中山競馬場。

波乱の匂いがプンプンしますね~。

おやすみぷんぷん

今日、競馬サイトをちらっとみたら、高知競馬がやってましてね~

面白いレースを発見しちゃいました。

その名も「ファイナルレース」

12Rに組まれていて、最終レースで大逆転できるレースがらしいんです。

どういうことかというと、ずば抜けて強い馬がいなくて、最近戦績が振るわない馬などが選ばれ出走してるんです。

しかも、それを選ぶのは、記者クラブの方とか。

オッズを見てみると、地方では珍しい1番人気~9番人気までが単勝オッズ3倍~23倍以内。

なにがきてもおかしくないという、本当に逆転できそうなレース。

ただ地方なので、9頭立てってのがおもしろみを欠くのでぜひ中央でもやってほしいな~

16頭立ての大混戦とかめちゃおもしろそう!!(笑)

今度機会があれば、高知競馬12Rやってみようと思います!

 

ではアメリカジョッキークラブカップの出走登録馬一覧へ~

アメリカジョッキークラブカップの出走登録馬一覧

クラリティスカイ 57.0
クリールカイザー 56.0
サイモントルナーレ 56.0
ショウナンバッハ 56.0
シルクドリーマー 56.0
シングウィズジョイ 54.0
ゼーヴィント 55.0
タンタアレグリア 56.0
ナスノセイカン 56.0
ホッコーブレーヴ 56.0

 

マイネルフロスト 56.0
マイネルメダリスト 56.0
ミライヘノツバサ 55.0
ヤマニンボワラクテ 56.0
リアファル 56.0
ルミナスウォリアー 56.0
ワンアンドオンリー56.0

 

有力馬血統考察

ゼーヴィント

父ディープインパクト

母父にブライアンズタイムが入ってるのでディープインパクト産駒の中でもパワー系。

セントライト2着の実績もあるので、中山は経験、血統ともに大丈夫。

リズムも、2か月ほど間隔空いてるので

疲れやすいディープインパクト産駒にとってはすごくいい。

枠は中枠あたりがいい。

これまた、人気馬がストレス、疲れがなくリズムが良いと切りにくいですね~

 

リアファル

父ゼンノロブロイ

たたいて2走目が合うタイプでもないが、前走は太りすぎ。

あとは、気分よくレースしたいタイプなので

中山なら逃げてほしい。

内枠で、馬群に包まれるとダメなタイプ。

枠は中~外。

内なら逃げるしかない。

 

 

ミライヘノツバサ

父ドリームジャーニー

格上げ挑戦は合うタイプで混戦も大丈夫。

瞬発力はないので、中山競馬場は合う。

ドスローにならずに、平均以上のペースで

早め先頭の消耗戦になれば。

集中力タイプなので馬群にいれてレースしたい。

枠は内枠。

 

 

タンタアレグリア

父ゼンノロブロイ

休み明け。

リフレッシュ時はいいのでリズムは良いが

調整が???

あと、中山よりは、京都や東京の軽い馬場向き。

枠は中~外。

 

 

シングウィズジョイ

父マンハッタンカフェ

間隔空いてるのはいいが、G1エリザベス女王杯2着のストレス気になる。

前走はG1とはいえ、スローの平坦京都。

今回G2とはいえ、ペースが前走より上がるのは必至。

この馬にはきついか。

以上5頭人気しそうな馬を見ていきましたが

不安要素ちょこちょことありますね~

まだまだ、面白そうな馬がいるので

もしかしたら、中荒れぐらいは期待できそうかも!?

枠が発表されてから、しっかりと見極めていきたいと思います!

 

 

最後に先週の重賞回顧

 

2017日経新春杯

1着▲ミッキーロケット

2着〇シャケトラ

3着△モンドインテロ

一応的中ですが配当が安いですね。

なにより、本命のヤマカツライデンは異常な体重でしたし

苦手な溜め逃げ。

負けるべくして負けましたね。

12Rの勝ち馬が逃げ残ったように内馬場有利だったのに

苦手な溜め逃げはだめですよ。。。

本命が来ない抑え馬券で的中してもおもしろくないですね~。

まぁ変則開催で、読みにくいところも多かったですが、レース質はだいたい読めていたので

よかったです。

徐々に僕もリズムをあげて的中していきまっせ~~!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でウマゲノム先生の競馬予想TWをフォローしよう!