【2017東京新聞杯】血統予想!登録馬一覧

本日は【2017東京新聞杯】の登録馬と先週の回顧を中心に記事を書いていきたいと思います。

またまたここでエアスピネル登録してきましたね~。

これはやばいパターン。

このまま1600使い続けて、本番3着以下の可能性大ですね~。

穴党としてはうれしいですが♪

エアスピネル

まずはこの記事から

第15回佐々木竹見カップジョッキーズグランプリが31日、川崎競馬場で行われた。

各地区から選定された14人が2レースの得点制で争い

浦和の繁田健一騎手(36)

が9R1着、11R3着の合計83点で優勝、賞金200万円を手にした。

 

こういう、地方とJRAの混合の戦い面白いですよね!

ただレース数が少ないし、もっと、いろんな競馬場で競ってほしい。

地方騎手も、競馬場変われば独特な乗りかたもしてくれるだろうし

中央の芝になったら、中央騎手が

「こう乗るんだ」みたいな気迫の騎乗などもみれそうで。

 

もっともっと、地方とJRAが企画に力を入れて

おもしろいレースを生んでほしいですね♪

 

先週の回顧

2017根岸ステークス

 

1着△カフジテイク

2着△ベストウォーリア

3着△エイシンバッケン

4着◎キングズガード

5着・・ニシケンモノノフ

 

本命のキングズガード3着も死守できず、撃沈!

上位の追い込み馬とほぼ同じ位置取りでしたが、瞬発力勝負では上位に分がありましたね。

しかも休み明けで瞬発力勝負はよくないので、もう少し前目で競馬してほしかったですがしょうがないですね。

 

ただ、ベストマッチョはなんだ!?という感じの走りでしたね。

めちゃめちゃ期待されてただけに、しょぼかったですね。

瞬発力タイプではないのか、それとも馬群に入れて良いタイプなのかまだ未知ですが

ポテンシャルは高いはずなので、様子を見ていきたいと思います。

 

 

2017シルクロードステークス

 

1着・・ダンスディレクター

2着▲セイウンコウセイ

3着・・セカンドテーブル

 

思い切ってダンスディレクターを切りましたが、騎手が最高の乗りかたしましたね。

さすが、天才武騎手!

セカンドテーブルはストレスで切りましたが、鮮度がまさったのか好走。

イマイチレース質を読み切れなかったです。

反省。

 

京都はBコースなので、内の先行、差し馬有利と予想しましたが以外にも馬場が荒れ

そして、瞬発力タイプが有利な上り勝負になりましたね。

ブランボヌールは体重が増えてこない感じだったので調整??という感じでしたね

馬群に揉まれて嫌気がさしたのか、よくわからない大敗を喫しました。

本命にした馬が最下位とか、初めてです!!!

こんなことがないよう、また気を引き締めます!!

 

2017東京新聞杯登録馬一覧

 
エアスピネル
牡4 57.0

シェルビー

牡8 56.0

シベリアンスパーブ
牡8 56.0

ストーミーシー
牡4 56.0

タガノブルグ
牡6 56.0

ダイワリベラル
牡6 56.0

ダッシングブレイズ
牡5 56.0

トーキングドラム
牡7 56.0

ブラックスピネル
牡4 56.0

ブラックムーン
牡5 56.0

プロディガルサン
牡4 56.0

マイネルアウラート
牡6 57.0

ヤングマンパワー
牡5 57.0

ロイカバード
牡4 56.0

 

 

良血ロイカバードがいよいよ、重賞に戻ってきましたね。

同4歳のエアスピネル、ブラックスピネル、プロディガルサンなどなど

ライバルは多数ですが、役者はそろった。

という感じのG3東京新聞杯です。

 

ただ、僕がおもしろいなと思ってるのは

 

ヤングマンパワーです。

上記に挙げた、馬たちは近走接戦を演じてるので多少のストレスがあります。

そのなかで、ヤングマンパワーは前走大敗にの上に、休み明け。

調整次第になりそうですが、血統的にも休み明けは合うので

ここを勝つ仕上げをしてくれば。

少頭数になりそうなのもこの馬向き。

ぜひ勝ちにきてほしい♪

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でウマゲノム先生の競馬予想TWをフォローしよう!