【CBC賞2017】予想!各馬考察!メラグラーナ、シャイニングレイ、エイシンスパルタン、タイムトリップ、アルティマブラッド

本日は【CBC賞2017】予想!と各馬の考察を中心に記事を書いていきたいと思います。

やっと!!阪神勝ちましたね。

しかも、金本監督がドラフト会議で予想を覆えして、選んだ「大山選手」がホームラン打って。

ドラフトはいつも見てるので、ドラ1の大山選手がでるときは正直気になっています。

プロ初安打が初ホームランというなにかをもっていそう。。。という予感と共に

一発屋はやめてくれよ~~~と念願もしておきました。

昨日に続き、阪神タイガース話題ですが、ドラフト1を気にしすぎてしまうのは、阪神ファンのトラウマからくるものなんです。

阪神タイガースは

「ドラフト上位選手が活躍しない」という病を抱えてるんです。

というか、なかなか活躍しないんですよね~。

第48回ドラフト
2012(平成24)

1位 藤浪晋太郎
2位 北條史也
3位 田面巧二郎
4位 小豆畑真也
5位 金田和之
6位 緒方凌介

第49回ドラフト
2013(平成25)

1位 岩貞祐太
2位 横田慎太郎
3位 陽川尚将
4位 梅野隆太郎
5位 山本翔也
6位 岩崎優

第50回ドラフト
2014(平成26)

1位 横山雄哉
2位 石崎剛
3位 江越大賀
4位 守屋功輝
5位 植田海

第51回ドラフト
2015(平成27)

1位 高山俊
2位 坂本誠志郎
3位 竹安大知
4位 望月惇志
5位 青柳晃洋
6位 板山祐太郎

第52回ドラフト
2016(平成28)

1位 大山悠輔
2位 小野泰己
3位 才木浩人
4位 浜地真澄
5位 糸原健斗
6位 福永春吾
7位 長坂拳弥
8位 藤谷洸介

2012年の藤浪を取ってからは、流れが変わったようにおもえますが、その前なんて

鳥谷ぐらいまで遡らないとドラ1選手活躍してないんですよ。

暗黒時代から見てる阪神タイガースファンからしたら、トラウマになるのはしょうがないんですよ。

だけど、見てしまう。ってのが関西生まれのサガ何でしょうね。

2015,2016ドラ1の高山、大山には本当に期待してます!

頑張れ~~~~!!

明日も勝つ!!(これいうと・・・)

 

※このブログは天才、今井雅宏氏が開発された

「Mの法則」をもとに僕自身が独自で勉強し

いろんな予想法を試しながら相性のいい馬券術を組み合わせ予想をしています。

では予想法の根本の「Mの法則」とはなにか??

知らない方もいると思うのでブログ内でふれておきたいと思います。

Mの法則とは!?こちらで詳しく書いてます♪

今井雅宏さん新刊発売!!「短縮×逆ショッカーの威力」とは!?

 

CBC賞2017各馬の考察

1 オメガヴェンデッタ
セ6 56.0 荻野極 安田隆 73.7 15

2 ティーハーフ
牡7 57.0 国分優 西浦 16.8 9

バウンド短縮。

前走内伸びのなか敢然と追い込む。

かなり力は出してるので、ストレスと疲れ気になる。

重くなると疲労でやすいので、重馬場になると消しでいい。

 

3 メラグラーナ
牝5 55.0 戸崎圭 池添学 4.8 1

休み明け。

前走負けてストレス薄れてる。間隔空けて疲れも取れてるはず。

使い込むより、疲れがないときの方がいいので、調整さえされていれば。

 

4 アクティブミノル
牡5 56.0 酒井 北出 17.8 11

5 オウノミチ
牡6 54.0 松山 佐々木 96.0 18

6 ラインスピリット
牡6 56.0 森一 松永昌 47.5 14

7 シャイニングレイ
牡5 56.0 北村友 高野 5.8 2

短縮。

ディープインパクト産駒の一発目の大幅短縮は激走しやすく

前走は、条件、展開、鮮度とハマった感がある。

ただ、まだ鮮度はあるので、疲れとどちらが勝つか、判断が難しい。

人気なら切りたいところ・・・。

 

8 ナリタスターワン
牡5 55.0 和田 高橋亮 85.8 16

9 トウショウドラフタ
牡4 56.0 横山典 萱野 11.6 6

バウンド短縮。

乗り替わりで無欲の騎乗で前にいくと怖いが、活性化されていないので短縮妙味がない。

展開待ち。

 

10 アリンナ
牝3 50.0 高倉 松元 11.9 7

久々の重賞戦で鮮度はある。

特殊馬場も合う血統で馬場が渋って、前残り馬場になれば。

土曜日の馬場のままだと疲れやストレスも含めて厳しいか。

 

11 スノードラゴン
牡9 58.0 大野 高木 21.0 12

12 アルティマブラッド
牝5 53.0 福永 音無 9.4 5

格上げ、初重賞で鮮度ある。

揉まれたくないタイプなので、外目の枠は合う。

重馬場でばらければ。

 

13 エイシンスパルタン
牡6 56.0 藤岡佑 藤岡 8.8 3

休み明け。

休み明けは合う。

あまり揉まれたくないタイプなので、馬場が渋ってばらける方がいい。

 

14 セカンドテーブル
牡5 56.0 水口 崎山 42.5 13

15 タイムトリップ
牡3 52.0 幸 菊川 9.3 4

短縮。

初古馬で新鮮。

3角8番手以内に入れば逆ショッカー。

先行していた馬なので行き脚はあるので、騎手が過度に抑えなければおもしろい。

 

16 メイソンジュニア
牡3 53.0 菱田 渡辺 17.0 10

休み明け。

間隔空いて疲れ取れ。

初古馬で新鮮。

外枠は合う。G1をあきらめて、スプリント戦に切り替えたのも、疲労的に好材料。

あとは、前に行く馬との兼ね合い。

 

17 ラヴァーズポイント
牝7 52.0 川須 高橋康 102.6 17

18 トーセンデューク
牡6 55.0 武豊 藤原英 15.0 8

短縮。

初1200で鮮度ある。

前走先行していればおもしろかったが

それでも、初1200のディープインパクト産駒はおもしろい一頭。

馬場が乾いて外伸びであれば。

 

CBC賞2017予想!

 

▲11番スノードラゴン

ダートから芝でHペースになれば。

▲16番メイソンジュニア

 

△1番、18番、12番、13番、7番

 

日曜日は、また土曜日とは馬場の傾向が変わるかもしれません。

当日変更ある場合こちらで流しています!LINE@登録おねがいします♪

Line@ ⇒ 登録はこちら

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でウマゲノム先生の競馬予想TWをフォローしよう!