【CBC賞2017】予想!過去10年分析!メラグラーナ、シャイニングレイ、メイソンジュニア、アルティマブラッド、エイシンスパルタン、トウショウドラフタ

本日は【CBC賞2017】予想!と過去10年分析の記事を中心に書いていきたいと思います。

今回のメンバー難解そうですね~。

重賞好走組は少々と上がり馬が多数ですので、勢いも大事ですが、格上げに強いタイプなのか!?や展開をしっかり見極めないとおかどの違いな予想になりそう・・・。

今の所、メラグラーナが抜けた一番人気になりそうですが、1点台の人気ではないので死角はありそう。

しっかり分析をして軸馬をあぶり出したいと思います。

※このブログは天才、今井雅宏氏が開発された

「Mの法則」をもとに僕自身が独自で勉強し

いろんな予想法を試しながら相性のいい馬券術を組み合わせ予想をしています。

では予想法の根本の「Mの法則」とはなにか??

知らない方もいると思うのでブログ内でふれておきたいと思います。

Mの法則とは!?こちらで詳しく書いてます♪

今井雅宏さん新刊発売!!「短縮×逆ショッカーの威力」とは!?

 

昨年のCBC賞はダートから芝で短縮のダブルショックだったレッドファルクスを本命にして当てた記憶が懐かしいです。

ただ、レッドファルクスがここまで出世するとは思わなかったですね~。

スウェプトオーヴァーボード産駒は少ないのでこういう希少血統からまた短距離の英雄がでてくると秋が面白くなりそうです♪

 

まずは、今日行われた帝王賞2017回顧から!

1着 △ケイティブレイブ

2着 △クリソライト

3着 ▲アウォーディー

全然ダメ!(笑)

海外帰り組では、アウォーディーを評価というよみはよかったですが、国内組のチョイスがミスりましたね。

本命のオールブラッシュは体重が減っていた時点で危なかったですね。

逃げに出る位置取りショックはよかったんですが・・・。

ただ、ケイティブレイブ陣営は、新しい境地を開けてうれしいでしょうね!

前にも言ったと思うんですが、ケイティブレイブは揉まれず自分の競馬できればしぶといので逃げなくても大丈夫なタイプ。

次走、内枠に入って揉まれる頭数だと危ないので覚えておくといいかもですね!

 

CBC賞2017過去10年分析!

 

CBC賞/枠データ

1枠 [ 1- 0- 1- 16/ 18 ]

2枠 [ 0- 1- 0- 17/ 18 ]

3枠 [ 3- 1- 2- 13/ 19 ]

4枠 [ 0- 2- 3- 15/ 20 ]

5枠 [ 0- 1- 0- 18/ 19 ]

6枠 [ 3- 1- 1- 15/ 20 ]

7枠 [ 1- 2- 2- 20/ 25 ]

8枠 [ 2- 2- 1- 20/ 25 ]

→開幕週で内が有利かと思いきや、外枠のほうが勝ってるんですね。

正直、展開と馬場次第で枠はそこまで関係なさそう。

土曜日の馬場のチェックと、あとはメンバー確定した時点での展開次第ということですね。

 

 

CBC賞/脚質データ

逃げ [ 1- 2- 1- 6/ 10 ]

先行 [ 4- 4- 1- 31/ 40 ]

差し [ 2- 3- 6- 51/ 62 ]

追い [ 3- 1- 2- 45/ 51 ]

 

 

→追い込みと逃げ決まってるので、一概に脚質のみでの評価は厳しいですね。

 

 

CBC賞/前走距離データ

1400m 6 5 2 37 50 12.0% 22.0% 26.0%
1200m 3 3 4 73 83 3.6% 7.2% 12.0%
1600m 1 1 3 17 22 4.5% 9.1% 22.7%
1000m 0 1 1 5 7 0.0% 14.3% 28.6%
2750m 0 0 0 1 1 0.0% 0.0% 0.0%
2910m 0 0 0 1 1 0.0% 0.0% 0.0%

→1400からの短縮馬には要注意。

ペース上がったり、外差し競馬になると、短縮の差し馬が有利。

あと、1400は非根幹距離なので1400適性が良すぎる馬の短縮は軽視でいい。

 

CBC賞2017過去10年分析からみる注目馬!

 

 コチラで公開中⇒ 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でウマゲノム先生の競馬予想TWをフォローしよう!