【2016阪神ジュベナイルフィリーズ】予想!血統ローテ考察

阪神JFの予想と血統とローテから見る考察を書いていきたいとおもいます。

今年の阪神JFは混合重賞2着馬、無敗の良血馬など、来年のクラシックを賑わしそうなメンバー構成。

血統とローテから今回走りたがっている馬をあぶりだしたいと思います。

まずはじめに、このたびブログをスタートした

競馬愛好家で予想家のウマゲノム先生です。

血統とローテ。当日はオッズで最終チェックをし、予想を組み立てています。

初陣ということで緊張はしますが、いつもやってる通りの考察を記事に書き
皆様のお役に立てればと思います。

では早速阪神JFの考察に参りたいと思います。

「血統とローテ」

2015年 良馬場

・ダイワメジャー     2,1  1:34:5

前走 東京1600重賞 1,1 1番人気2着

・ステイゴールド     6,6

前走 東京1600重賞 9,10 5番人気5着

・ディープインパクト   8,10

前走 京都1400重賞 3,3 1番人気3着

2014年 良馬場

・ディープI      13,12  1:34:4

前走 東京1400(500万) 4,3 1番人気1着

・キングカメハメハ   9,10

前走 東京1600重賞   9,9 1番人気2着

・ステイG       9,8

前走 東京1600重賞   3,3 9番人気1着

2013年 良馬場

・ステイG      8,8    1:33:8

前走 函館1800重賞(間隔3か月) 9,10,8,4 2番人気1着

・ディープI     14,14

前走 新潟1800重賞(間隔3か月) 18,18   1番人気1着

・ネオユニヴァース  6,5

前走 東京1400(500万)     8,7    4番人気1着

 

2012年 良馬場

・ウォーエンブレム  10,8    1:34:2

前走 京都1400重賞   8,8  4番人気2着

・クロフネ      2,2

前走 京都1400(500万) 1,1  5番人気1着

・ハーツクライ    15,16

前走 東京1600新馬   5,5  1番人気1着

2012年~2015年までを振り返りました。

ポイント1

逃げ残りは一頭。

のちにNHKマイルを制するメジャーエンブレムのみ。

これは力が違う馬だとみることができるので、逃げ馬はまず厳しい。

G1ということもあり、マークも厳しくなり、逃げのこりはない。

ポイント2

差馬の台頭。

差馬が着内にきてるデータはどこでものってるのでそんなのはどうでもよくて

大事なのは、前走で4角5番手以内の先行馬が今回位置を下げた場合の破壊力。

当然騎手の勝手なので、騎手の心理まではよむことはできないですが

自然と流れが速くなると、もともと差し競馬をしていた馬は、差しにスムーズに回りやすい

そういう馬を狙いたい。

過去に差し経験や溜めて乗った経験など。

わかりやすい例でいうと2014年のココロノアイ

以前に差し、追い込み競馬を経験しており、前走で突如先行。

そして今回は流れが速くなり、差しに回り、人気以上の着順。

ポイント3

前走人気なりの好走。

大敗している馬は巻き返せない。

前走3着以下から、巻き返したのは一頭のみ。

それでも3着まで。

紛れの少ない阪神1600。力がそのまま出るのでよっぽどの不利を受けたとかない限り

前走3着以下の巻き返しは厳しい。

ポイント4

種牡馬はステイゴールド中枠より内とディープの中枠より外を狙え!

ステイゴールドは性質の説明は省きますが、内枠のほうがいいデータが出ています。

ディープに関しても中より外目でスムーズに上がりを繰り出せる枠が良い。

これを踏まえて登録各馬を見ると・・・

今年はディープもステイも登録ないので血統のポイントは省きます。

上記で上げたポイントクリア馬は!?

・ジューヌエコール

・ヴゼットジョリー

・ソウルスターリング

・ディーパワンサ

現状該当するのはこの4頭

逃げ、先行馬が多いので差しに回る馬は、例年よりも有利になりそう。

その中でかなりローテで気になるのは

ソウルスターリング

人気確実なのがかなり悔しいですが、ペースが早くなる時の短縮馬はかなり有利です。

しかも前走先行。中より外枠に入り差しに回せば鉄板級です。

 

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でウマゲノム先生の競馬予想TWをフォローしよう!